« 11月のTVはクイーンが盛りだくさん | トップページ | 『洋楽主義(クイーン)』 »

2011年11月11日 (金)

ついていけない

音楽関係のサイトなどにお気に入りのアーティストを登録しておくと、そのアーティストのニュースや新譜情報などメールで送られてきたりしますが、先日もクイーンユニバーサル公式サイトとHMVからのメールで、『クイーン・オーブ~コンプリート・スタジオ・アルバム(USBエディション)』(11/30発売、¥29800)が紹介されていました。

Queen_orb

スタジオアルバム全15枚他をUSBに収録。現行CDのスペックを上回る、FLAC(24bit44.1KHZ)音源も収録!という内容で、パソコン向け商品だそうです。

少し前になりますが、「クイーンのハイレゾ音源配信開始!」っていうのもありましたよね。


クイーンに関しては、今年に入りリリースされたアルバムのSHM-CDやSACD・・・
高音質の追求はどんどんされていくんですね~。

○○○音源とか見る度に、一応パソコンで検索して読んでみたりするのですが、その度に「へぇ~。」と思うがよくはわからず、なんだかおばさんにはついていけません。


この品物、画像だけではどんな感じなのかよくわからず・・・買う気はありませんが、実物を見てみたいです(笑)。

この商品を含め、ドカーン!ドカーン!ドカーン!と発売予定されているコレクターズ・アイテムも買う気はないですが(苦笑)、実物を見てみたいという興味はあり。



昔はレコード15枚を持ち運ぶっていったら、大荷物で重いし、聞く時だって傷が付かない様に~って感じで扱っていて。
それがCDになってかなりコンパクトになり扱いも楽になったと思っていたら、USBだなんてすごいなぁ。
それに今は曲をネットで買う時代だし。

音の良さはやっぱりレコードとは比べ物にならない。


でも、レコードはレコードでやっぱりいい。
レコードで育った世代だからなのかなぁ・・・時々、ノスタルジー。


あの時代レコードだったからこそ、サイドホワイト、サイドブラックというコンセプトを持った『QUEENⅡ』のアルバムが存在するわけで・・・。

「プロセッション」から始まるサイドホワイトを聴き、盤をひっくり返して、ここで一息つき、そして「オウガ・バトル」から始まり途切れる事なく盛り上がり、「輝ける7つの海」へとつながるサイドブラックを聴く。

CDではサイドホワイトからサイドブラックへと続けて演奏されてしまうため、いくら「オウガ・バトル」の曲の前に長めの空白が挿入されているとはいっても、やはりレコードから感じるサイドホワイト、サイドブラック感は薄れてしまう感はあり。


そんなことをつぶやいてみましたが、レコードがあっても今レコードが聴けない我が家・・・。


ちなみに、私の好きなハマースミスの「オウガ・バトル」。

Ogre Battle (Live at Hammersmith Odeon 1975)

0913_03


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

人気ブログランキングへ

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

« 11月のTVはクイーンが盛りだくさん | トップページ | 『洋楽主義(クイーン)』 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ