« 気になるアルバムのジャケット | トップページ | きっかけが『カップヌードル』の方も『ジュリー』の方も »

2011年1月31日 (月)

ポリスキャップとレザーパンツが似合う男

1
かつて、私はジュリーのファンだった。

だった・・・じゃなくて、「だ」でもいいんですけれど、今では随分と遠ざかっちゃっているもんで。大好きだったのは、1977年1978年頃だったかな。歌番組もたくさんあって、今では歌謡曲黄金時代と呼ばれていたあの頃。
まだ洋楽に目覚めていなかった、小学生(ギリギリcoldsweats01)の頃。


沢田 研二(ニックネーム☆ジュリー)
1967年「ザ・タイガース」としてデビュー
1971年「ザ・タイガース」解散後、沢田研二としてソロデビュー。PYG(のちに井上堯之バン          ド)と共に行動。

1977年『勝手にしやがれ』『憎みきれないろくでなし』、1978年『サムライ』・・・この頃のジュリーが最高に好きだった。

♪女は不思議だ くちづけするより 綺麗な約束欲しがるものなのか~


私も一応女ですが、綺麗な約束なんかより、くちづけの方がいいですぅ~(笑)!それにしても、このYouTubeアップしている人のユーザーネームjulisukkiyanenて、なんとも言えなくイイ!!!


よく考えてみると、私ってポリスキャップとレザーパンツが似合う男が好きなのね。

Freddiemercuryfredposing
フレディの場合スタイル抜群なので、さらにバッチリきまっている。(・・・ゴメンナサイ、ジュリーのファンの方。一応このブログはフレディにLOVE注入されている、デライラのつぶやきブログなので・・・catface

ジュリーの爪にも、フレディと一緒の黒のマニキュア。
あの時代、やっぱりジュリーのファッションは、日本の歌謡界において、とても斬新だった。

このコスチュームも、当時とっても話題になりました。

そして1980年の『TOKIO』では、パラシュートを背負って歌ったり・・・(汗)。新曲を出す度、いつもコスチュームが話題になっていましたが、この年、過激なコスチュームに走るジュリーに対して、長年活動を共にしたバックバンドのリーダーである井上堯之は「もうついていけない」と違和感を訴え、井上堯之バンドは突如解散してしまいます。(Wikipediaより引用)

ジュリーは今でも、バリバリ活躍していますよ~!



コスチュームといったら、フレディも時代時代でいろいろ話題はありますが・・・フレディにとっても、あのメンバーでクイーンであったことが、本当に素晴らしいことだったに違いないと、私は思います。

クイーンのメンバー、四人の絆の強さを、つくづく感じさせられます。

来年秋公開予定のクイーンの映画、楽しみですね。

Queenqueen1245762_241_340
● It's A Hard Life


この曲の邦題は『永遠の誓い』。美しいバラード曲です。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

« 気になるアルバムのジャケット | トップページ | きっかけが『カップヌードル』の方も『ジュリー』の方も »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ