« Thank God It's Christmas | トップページ | God Save The Queen »

2010年12月27日 (月)

「A WINTER'S TALE」

Img_bio

12月25日クリスマスの日に、ユニバーサルミュージックからクイーンニュースレターがメールで届きました。

クイーン公式HP OPEN! 本日クイーン公式HP OPEN致しました!今後随時、最新情報をアップしていきます。』

もう少し前にオープンした、ユニバーサルミュージックのクイーンのHPが、もう公式だと思っていたのですが、違ったみたいです。正式には12月25日、クリスマスの日に公式HP OPENか・・・記憶に留めておくには覚えやすいな。(笑)



前回の記事で、「Thank God It's Christmas」の曲が収録されている物の中で、アルバム『MADE IN HEAVEN』からのシングル「A WINTER'S TALE」(UK)(クリスマスプレゼント用デジパック)の事を書きましたが、この「A WINTER'S TALE」の曲についてジムさんが『MERCURY AND ME』の本の中に書かれていたのを思い出し、その部分を探してみました。この曲はフレディが作った最後の曲と言われています。

このジムさんの書いた『MERCURY AND ME』の本は、ジムさんの思い出や記憶に沿って書かれている物で、内容についても賛否両論あり、フレディのプライベートに関した物は一切読まないという方もいますが、私自身は読んでみて良かったと思っています。


----------------------------------------
(ジム・ハットン著「MERCURY AND ME」より)
 数日後僕たちはモントルーへ出かけた。湖にちょうど日が沈みかけるところで、ほんとうに目を見張るような光景だった。フレディはこのロマンティックな日没をバックにふたりで写真を撮ろうと言った。でもカメラがない。それで彼はいらいらしはじめた。ロマンティックな写真を撮るということが頭から離れなくなってしまったのだ。
「大丈夫だよ、そのうち撮れるさ」と僕は言った。
 その言葉が僕の最大の後悔のひとつになった。僕たちは二度とその写真を撮る事ができなかったのである。
 モントルーに来てフレディがまず最初にやることのひとつが、湖の白鳥を眺めることだ。彼は“僕の”白鳥と言い、その白鳥たちを見れば落ち着いてスイスの生活に戻れるような気がしていた。
 その日ぶらぶらと白鳥を眺めに行ってから、フレディは水辺に座って“A WINTER'S TALE”という曲を書いた。スイスと山の中の暮らしを歌ったクリスマス・ソングだ。でも、この曲はだれも聴いていない。フレディはレコーディングしたはずだけれど、そのテープはついに日の目を見ることがなかった。
(略)
 彼はそのうちスタジオに行く途中で車を止めさせることが多くなった。「おりてここから歩きたい」と彼は言うのだ。
 初めて車を止めさせたとき、フレディはなにか深く考え込んでいるようだった。彼は湖のそばで止めてくれとテリーに言った。そしてちょっとひとりになりたいと、湖の向こう側の白鳥がいるほうへ向かってひどくゆっくりと歩きだした。彼はしばらく白鳥のそばにいたが、やがてまたゆっくりと僕たちのところへ帰ってきた。
「もういい」と彼は言った。「十分だ。さあ仕事に行こう」
----------------------------------------



この本はアルバム『MADE IN HEAVEN』が発売される前に書かれたものなので、内容がこのようになっています。


最近すごい寒い日が続いていて、外の空気を吸うと、この「A WINTER'S TALE」の曲が頭の中で流れます。

この曲がクリスマス・ソングかと言うと、違う気がしますが、冬の冷たく澄んだ空気、美しい情景と幻想が目に浮かぶ、美しい曲「A WINTER'S TALE」のシングルに、「Thank God It's Christmas」を収録してクリスマスプレゼント用デジパックとして発売したのは、すごくいいんじゃないかと思います。

ちなみにこのシングルは全部で3曲収録されているようで、もう一曲は「Rock In Rio Blues」です。



Made_in_heaven


● A WINTER'S TALE

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

« Thank God It's Christmas | トップページ | God Save The Queen »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ