« 注文していたもう一方のTシャツ | トップページ | あれはあれ、これはこれ・・・! »

2010年10月30日 (土)

LARRY LUREX(ラリー・ルーレックス)

以前、ずっと欲しかった『FREDDIE MERCURY  THE SOLO COLLECTION 1973~2000』を、ついに手に入れちゃったと自慢しましたが、時間がゆっくりとれず、まだ全部聞いていません・・・(汗)。

自慢して、それっきりでした。

なので、今日は Disc4:The Singles/シングルス 1973-1985 を紹介。



その中の 1.「I CAN HEAR MUSIC」 2.「GOIN' BACK」 はフレディ・マーキュリーがLARRY LUREX(ラリー・ルーレックス)という名で発表した曲。

「I CAN HEAR MUSIC」(ビーチ・ボーイズのカヴァー曲)のタイトルのシングルで、B面が「GOIN' BACK」(ジェリー・ゴフィン&キャロル・キングのカヴァー曲)・・・フレディにとってはある意味デビュー・シングル。

Larry_lurex_i_can_hear_music

*********

QUEENのファースト・アルバム『QUEEN(戦慄の王女)』をレコーディング中、ロビン・ケーブルというプロデューサーにリード・ヴォーカルをしてくれないかと依頼され、フレディはしかるべく同意し、ロジャーとブライアンも、フレディの主張にによりパーカッションとギターで参加する事になった。

そして、このシングルを発表する時期がQUEENの『QUEEN(戦慄の王女)』の発売が迫っていた時期でもあったため、フレディは別名ラリー・ルーレックスを名乗り、仮の姿でシングルが発売された。

QUEENのデビュー・アルバム『QUEEN(戦慄の王女)』とシングル『Keep Yourself Alive(炎のロックン・ロール)』が発売される2週間前のこと。

(『FREDDIE MERCURY  THE SOLO COLLECTION 』ライナー・ノーツより抜粋)

*********


● 「I CAN HEAR MUSIC」



● 「 Goin' Back」

I think I'm going back
To the things I learnt so well in my youth
I think I'm returning to
Those days when I was young enough to know the truth
Now there are no games
To only pass the time
No more coloring books
No Christmas bells to chime
But thinking young and growing older is no sin
And I can't play the game of life to win
I can recall a time
When I wasn't ashamed to reach out to a friend
And now I think I've got
A lot more than just my toys to lend
Now there's more to do
Than watch my sailboat glide
And every day can be
My magic carpet ride
And I can play hide and seek with my fears
And live my days instead of counting my years
Then everyone debates
The true reality
I'd rather see the world
The way it used to be
A little bit of freedom's all we lack
So catch me if you can
I'm going back



フレディの初々しく透き通る様な歌声がたまらなく素敵。

B面「GOIN' BACK」の歌詞は、所々つまんで、だいたいこんな感じの内容です。
(『FREDDIE MERCURY  THE SOLO COLLECTION 』ライナー・ノーツ参考)

もう一度戻ろう
幼かったころ 学んだことへ
戻ってみよう
まだ若く 真実が見えていたあの日へ

若い心のまま年をとるのは悪くないけれど
もう人生のゲームを勝つことはできない

思い出すのは
友に手を差し伸べるのを恥じなかった日々

みんなが探る 本当の真実
僕が見たいのは
過去のままの世界
今は ほんの少しだけ自由がなくなってしまっただけ

捕まえられるものなら捕まえてごらん
僕はそこに 戻るんだ



QUEENとして最後のアルバム『MADE IN HEAVEN』に収録されている「Mother Love」はフレディが生前に録音した最後の曲です。

この曲の後半部分に、1986年ウェンブリーで行われたマジック・ツアーでの、フレディとファンとの掛け合い、テープの巻き戻しの様な音、そして1973年にフレディがラリー・ルーレックスの名義で発表したシングル「I CAN HEAR MUSIC」のB面に収録されていた「GOIN' BACK」の曲が入り、白鳥の鳴き声(スイス・モントルーのレマン湖の白鳥?)、最後は赤ちゃんの鳴き声で終わっています。


「Mother Love」のWikipediaにもある様に、体内回帰を思わせる構成、とても深い一曲です。


● 「Mother Love」 



(QUEENオフィシャルのPVはQUEENのメンバーは映っていないものです。)


Imagescal84lyz

 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

« 注文していたもう一方のTシャツ | トップページ | あれはあれ、これはこれ・・・! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ