« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

LARRY LUREX(ラリー・ルーレックス)

以前、ずっと欲しかった『FREDDIE MERCURY  THE SOLO COLLECTION 1973~2000』を、ついに手に入れちゃったと自慢しましたが、時間がゆっくりとれず、まだ全部聞いていません・・・(汗)。

自慢して、それっきりでした。

なので、今日は Disc4:The Singles/シングルス 1973-1985 を紹介。



その中の 1.「I CAN HEAR MUSIC」 2.「GOIN' BACK」 はフレディ・マーキュリーがLARRY LUREX(ラリー・ルーレックス)という名で発表した曲。

「I CAN HEAR MUSIC」(ビーチ・ボーイズのカヴァー曲)のタイトルのシングルで、B面が「GOIN' BACK」(ジェリー・ゴフィン&キャロル・キングのカヴァー曲)・・・フレディにとってはある意味デビュー・シングル。

Larry_lurex_i_can_hear_music

*********

QUEENのファースト・アルバム『QUEEN(戦慄の王女)』をレコーディング中、ロビン・ケーブルというプロデューサーにリード・ヴォーカルをしてくれないかと依頼され、フレディはしかるべく同意し、ロジャーとブライアンも、フレディの主張にによりパーカッションとギターで参加する事になった。

そして、このシングルを発表する時期がQUEENの『QUEEN(戦慄の王女)』の発売が迫っていた時期でもあったため、フレディは別名ラリー・ルーレックスを名乗り、仮の姿でシングルが発売された。

QUEENのデビュー・アルバム『QUEEN(戦慄の王女)』とシングル『Keep Yourself Alive(炎のロックン・ロール)』が発売される2週間前のこと。

(『FREDDIE MERCURY  THE SOLO COLLECTION 』ライナー・ノーツより抜粋)

*********


● 「I CAN HEAR MUSIC」



● 「 Goin' Back」

I think I'm going back
To the things I learnt so well in my youth
I think I'm returning to
Those days when I was young enough to know the truth
Now there are no games
To only pass the time
No more coloring books
No Christmas bells to chime
But thinking young and growing older is no sin
And I can't play the game of life to win
I can recall a time
When I wasn't ashamed to reach out to a friend
And now I think I've got
A lot more than just my toys to lend
Now there's more to do
Than watch my sailboat glide
And every day can be
My magic carpet ride
And I can play hide and seek with my fears
And live my days instead of counting my years
Then everyone debates
The true reality
I'd rather see the world
The way it used to be
A little bit of freedom's all we lack
So catch me if you can
I'm going back



フレディの初々しく透き通る様な歌声がたまらなく素敵。

B面「GOIN' BACK」の歌詞は、所々つまんで、だいたいこんな感じの内容です。
(『FREDDIE MERCURY  THE SOLO COLLECTION 』ライナー・ノーツ参考)

もう一度戻ろう
幼かったころ 学んだことへ
戻ってみよう
まだ若く 真実が見えていたあの日へ

若い心のまま年をとるのは悪くないけれど
もう人生のゲームを勝つことはできない

思い出すのは
友に手を差し伸べるのを恥じなかった日々

みんなが探る 本当の真実
僕が見たいのは
過去のままの世界
今は ほんの少しだけ自由がなくなってしまっただけ

捕まえられるものなら捕まえてごらん
僕はそこに 戻るんだ



QUEENとして最後のアルバム『MADE IN HEAVEN』に収録されている「Mother Love」はフレディが生前に録音した最後の曲です。

この曲の後半部分に、1986年ウェンブリーで行われたマジック・ツアーでの、フレディとファンとの掛け合い、テープの巻き戻しの様な音、そして1973年にフレディがラリー・ルーレックスの名義で発表したシングル「I CAN HEAR MUSIC」のB面に収録されていた「GOIN' BACK」の曲が入り、白鳥の鳴き声(スイス・モントルーのレマン湖の白鳥?)、最後は赤ちゃんの鳴き声で終わっています。


「Mother Love」のWikipediaにもある様に、体内回帰を思わせる構成、とても深い一曲です。


● 「Mother Love」 



(QUEENオフィシャルのPVはQUEENのメンバーは映っていないものです。)


Imagescal84lyz

 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

2010年10月25日 (月)

注文していたもう一方のTシャツ

以前「Freddie For A Day」のOnline Shopで、 『FLASH Tシャツ』を購入した事をブログに書きましたが、実はこのTシャツを注文した同じ日に、別のところでも違うTシャツを注文していました。


これです。
Que005_02


アップにしてみると、こんな感じです。
Que005_03


『FLASH Tシャツ』ってシンプルだけど、普段着るには、ある意味すごく目立つ様な気がして・・・。(まったく・・・小心者なんだから!)

なので、こっちのTシャツは普段着るのにカッコイイな~!と、一目惚れしたので、絶対これ欲しい!!!と思って即注文!

なんて言ったって、この仰け反りフレディがカッコイイ!黒地にシルバーっていうのも気に入っちゃって!光り物大好き(笑)!


この品物は、海外お取り寄せ商品で、日本の業者が注文を受けてから海外の業者に発注する物で、早く入荷する事もあればとても日にちがかかる場合もあり、場合によってはメーカーに在庫が無い、あるいは廃盤になってしまった場合は届けられない場合もあるというもの。

なので、ナニがなんでも欲しい!待つの好き!という完全マニア向けサービスとして提供しているという事だったので、気長にそして、とても楽しみに待っていました。



そして・・・注文から一ヶ月と数日過ぎたある日、一通のメールが届きました。


『 お取り寄せしておりました商品ですが、
  取引業者へ発注後、在庫切れが続いてたのですが、
  本日、イギリスの取引業者から製造中止の連絡が入ってしまいました...
  一日も早く入荷できるよう頑張ってきたのですがとても残念です。

  勝手ながら、今回のご注文はキャンセルとさせていただきます。
  申し訳ございません。

  これに懲りずまたご注文いだだければ幸いです。
  この度は、ご利用ありがとうございました。』



一番最悪のパターンだった・・・。

こういう場合もあると、納得はしていたものの、実際自分がそうなると、すっごく残念・・・。

長く待っていた分、よけいガッカリ度アップ・・・。


業者のメールの とても残念です の文字を見て、私はもっともっと残念でした。



まぁ・・・今回は残念だったけれど、又カッコイイTシャツ見つけたら注文しよ~!

 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!



2010年10月22日 (金)

「エルモのハロウィーン・オーディション」

もうすぐハロウィンですね。

毎年10月になると、ちょっとだけ玄関先のお花の寄せ植えなどに、ハロウィン用のガーデンピックを差したり、オーナメントを飾って、ハロウィンの演出をしていたのですが、今年は手抜きで全く何もしていません・・・。

その上、庭仕事もさぼりがち・・・そのうちバラの剪定もしなくちゃいけないし、鉢のバラは今年、土を入れ替えなくちゃならないし、気が重い・・・。

でも、私がやらなくて誰がやる!!!


今までは、暑くなくなったら・・・なんて言い訳していたけれど、涼しい・・・と言うより、寒くなってきた今日この頃。

未だ家の中では半袖、素足の私ですが、正直やっぱり寒い・・・明日から家の中でも長袖にしようかな(笑)。



それで、庭は何もハロウィンぽい事していないのに、家の中でパソコンでちょっと検索・・・。

YouTubeで何かおもしろい物ないかな~なんて思って、「QUEEN Halloween」で検索したけれど、お目当ての物は特に無し。

次に「QUEEN ハロウィン」で検索したら、USJの画像がいくつか出てきたので見てみたら、こんなのありました。

● USJ「エルモのハロウィーン・オーディション」

これは、昨年2009年のハロウィンシーズンにUSJで行われていた「エルモのハロウィーン・オーディション」というステージ・ショウみたいです。

その中でフレディ・マーキュリーの『I Was Born To Love You』が使われていたんですね。知らなかったので、偶然見つけられて嬉しくなっちゃいました!

情報的には一年前のもので、すみません・・・(汗)。ははははは・・・。


USJは随分前に一回行ったきりで、我が家からじゃ日帰りってわけにもいかないしね~。でもこれは見に行ってみたかったな!おもしろそう!!!

一年前の今頃は、まだこのブログやっていなかったんだよな~。(しみじみ・・・)


あと、ヴァン・ヘイレンの『Jump』の曲も使われていますね!

どっちの曲も、フレディ・マーキュリーやヴァン・ヘイレンを知らなくても、きっと聞いた事がある曲だよね。


私の友人のQUEENそしてフレディ・マーキュリーの名も知らない方が、先日私の車に乗って出かけた時、この『I Was Born To Love You』の曲がかかった時だけ反応したんです。

「なんだか、随分、懐かしい曲だわね~。」

(へぇ~!やっぱり、この曲は知っているんだ・・・ふふふふふ。)

と思った私でした。

え~っと、ちなみにこの友人は、以前というかこのブログでQUEENもフレディ・マーキュリーの名も知らない人で登場してきた人ではなく、又別の方です。

QUEENもフレディ・マーキュリーの名も知らない友人が多く、その1、その2、その3・・・まだまだ続きます・・・(汗)そして(笑)!



YouTubuで久々、ヴァン・ヘイレンの『Jump』を見て、うwwww懐かしい~!そして、David Lee Roth見て、かっちょいい~!・・・むふふふふ。


Freddiemercuryiwasborntolov156285
● 『I Was Born To Love You』



● 『Jump』

 



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

2010年10月20日 (水)

『QUEEN 永遠のクイーン』

Queen12

予約していた『QUEEN永遠のクイーン』を、発売日10/16に本屋に取りに行ってきました。

わざわざ本屋で注文した理由は、本屋にはよく行くし、行ったついでに例のごとく、いろいろ雑誌をせこく立ち読みしに行くためです・・・(笑)。

本屋に行って予約の控えを渡すと、店のお姉さんが「少々お待ちください。」って言って、予約分の本が置いてある棚を見てガサゴソ、パソコンでなにやら検索・・・その後慌てて売り場に走って行き、売り場から雑誌を一冊持ってきて、「お待たせいたしました!」って『QUEEN永遠のクイーン』を差し出された・・・annoy

一部始終見ていましたよ!もう、あの本屋では注文しないと、心に決めた!別にあのお姉さんが悪い訳じゃないんだけどさ。


61sj0aasxfl__sl500_aa300_ 51bfzyambnl__aa300_

発売日に本は手に入れたものの、忙しくて読む時間がとれず、とりあえず欲しかったカレンダーを雑誌から外して物色。

カレンダーに使われていた写真は、まぁ、いい感じ。それに月替わりだしね!特に6月と11月がお気に入り!このカレンダー今年の12月からだから、もうちょっと待てばすぐにでも飾れるじゃないですか!=(イコール)もうすぐ今年も終わりってことだよね・・・一年て早いな。


そして、昨日じっくり読んだんですが、ちょっとガッカリ・・・。内容をちゃんと確認する方はいなかったのかな?と思うほど、間違いがいっぱいありました。


(本文)
中でもシンセサイザーを初めて取り入れ「クイーン流ブラックミュージック」に挑戦した『ホット・スペース』は、・・・・

シンセサイザーを初めて取り入れたアルバムは、『ザ・ゲーム』ですよ。


(本文)
85年、フレディ在籍のクイーンとしては最後の来日公演が行われた。前年に行われたライヴ・エイドに出演し大きな成功を収めた彼らは、メンバー間の不仲により危機状態にあったバンドを立て直し、2回の武道館と国立代々木競技場、さらに名古屋、大阪での公演を成功させた。

え・え・え~!ライヴ・エイドは85年だし行われたのは、この年の来日公演後の7月13日ですよ・・・



挙げたらきりがない程、いろいろありましたが、こんな内容の本でいいんでしょうか。

日経BPムックさん!!!


それに、QUEENQUEEN + Paul Rodgers をごちゃ混ぜにするのはちょっと違うんじゃないかと思うんですが。ポール・ロジャースはクイーンのメンバーになったわけじゃないし、本人だってそう思っていないし、+ Paul Rodgers です。

あと、クイーン&フレディに捧ぐ・・・っていう表現ありましたけれど、フレディはクイーンのメンバーの一人ですよ。



他にも言いたい事はたくさんあるけれど、長くなるので、ここら辺で終わりにしておこう。

付録のカレンダー欲しかったから、まぁいいか・・・。


● QUEEN 1975初来日



最後にもうちょっとだけいいかな。(まだ言うのかい?笑)


(本文)
もし、あなたのまわりに熱烈なクイーン・ファンいれば聞いてみるといい。クイーンの何が、そんなに好きなのか。多分、喜んで教えてくれるはずだ。

これ、どうかな。何が、そんなに好きなのかって言葉で説明するの難しいんじゃないかな。少なくとも、私のレベルじゃ難しいな。




誰かに何故嫌いかって訊ねるのはいいけど、何故好きかは訊ねちゃいけないわ。そのほうが難問だから。  (サリー)

(twitter  SNOOPY bot より)

 



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

2010年10月15日 (金)

ショパン『別れの曲』と初恋の想い出

今年2010年は、ショパン生誕200年です。

250pxchopin_by_wodzinska

ショパン関連作品が続々とリリースされています。

ショパン生誕200年記念特設サイト → Banner_chopin_180_2


ショパンの曲で特に人気なのが、『別れの曲』と呼ばれている、エチュード第3番ホ長調(op.10-3)です。

この曲はショパンが発表したエチュード(練習曲)のうちの1つで、ショパン自身「これほど美しい旋律は、それまで書いたことがない。」と、この曲を含む12曲のエチュード『エチュード(練習曲)集 作品10』を献呈したフランツ・リストに言ったと伝えられています。


『別れの曲』という題名は、ショパンがつけたものではありません。

『別れの曲』という邦題のついたショパンの伝記映画が、昭和10年に日本で公開され大ヒットとなり、その映画の中で、このエチュード第3番ホ長調(op.10-3)がメインのテーマ曲として使われていたことから、日本ではこの曲が『別れの曲』と、一般に広く呼ばれる様になったそうです。

この映画『別れの曲』もDVD化されていて、amazonでも購入できます。


映画について詳しくは → 『別れの曲』~ショパン生誕200年記念~映画



このショパンの『別れの曲』には想い出があって、ブログに書こうか、迷ったのですが、実は私の初恋(多分・・・)の想い出の曲なんです。ぐふっ・・・ちょっと、恥ずかしい。

小学5年の時、私は放送委員になり、担当の先生が曜日別にペアを決めたのですが、その私のペアの相手が、初恋のY君です。

お昼は給食を放送室に運んで、二人で早めに食べ(この食べている時に、二人でいろんな話をするのが、とっても楽しかった)、Y君が音響担当で、ガラスの向こう側から「キュー」の合図を送ると、私がマイクに向かって「お昼の放送の時間になりました。今日のリクエスト曲一曲目は、○○です。」と言うと、Y君が音楽をかける・・・といった感じで、毎回放送委員をウキウキ楽しんでやっていました。

中でも心に残っているのが、放課後下校の時間を知らせる放送です。

下校の時間を知らせるためにかける音楽が、この『別れの曲』だったんです。

Y君が『別れの曲』をかけ、途中少しボリュームを下げて「キュー」をだすと、私が「下校の時刻になりました。まだ、校庭や校内に残っている人は、早く家に帰りましょう。」と言い、その後この曲を二人で放送室で、毎回ずっと聞いていました。

背が高くスタイルが良くて、水泳のタイムがすごい速かったY君。その後お引越ししてしまったけれど、この『別れの曲』を聞くたびにY君のことを思い出します。



【番外編】

実は放送委員の任期が終わった後、Y君に手紙を渡したことがあるんです・・・いわゆるラブレターっていうやつ。

Y君はやさしく微笑みながら手紙を受け取ってくれましたが、その後お返事はいただけませんでした。失恋でしょうかね~。当時の私はしばらくの間、落ち込んでいました。

そんな当時の私に、今の私から曲のプレゼント!(うっ・・・最後、やっぱり無理やりクイーンでしめようとしている(笑)・・・。)

● QUEEN 「Dear Friends」

So dear friends your love has gone
親愛なる友よ 君の愛は去ってしまった
Only tears to dwell upon
ただ泣いて暮らしているんだね
I dare not say as the wind must blow
そのうちいいこともあるよなんて言えないけれど
So a love is lost , a love is won
愛は失うこともあるし うまくいくこともある
Go to sleep and dream again
おやすみ そしてもう一度夢をみてごらん
Soon your hopes will rise and then
すぐに希望が芽生えてくるよ
From a this gloom life can star anew
この憂鬱な日々が新しい始まりになる
And there'll be no crying soon
すぐに 泣くこともなくなるよ



アルバム『SHEER HEART ATTACK』収録「DEAR FRIENDS」(Brian May)です。

失恋した友人を慰めるような詞の曲です。『別れの曲』も美しいですが、この曲を歌うフレディの歌声も、本当に美しい・・・。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!

2010年10月12日 (火)

ベストドレッサー

1973年ぐらいのQUEENの写真や映像見ていると、メンバー間で洋服を着まわしているなーっていうのがありますよね。(た・た・たぶんそうだよね・・・同じ服がいくつかあったわけじゃないよね。)


よく見かけるのがの写真の、ロジャーが着ているジャケットと、ジョンが着ているシャツ。

Queen2

ロジャーが後ろにいるので、いまいちこのジャケットを着ている姿がよくわからないので、もう一枚。

Queen922004848



まず最初は、ジャケット(ブライアン)・シャツ(ロジャー)。





次は、ジャケット(フレディ)・シャツ(ジョン)。





私的には、このジャケットに関しては、フレディが一番似合っていると思う!(ジョンがこのジャケットを着ているのは、残念ながら見た事がありません。私が知らないだけ?)

Freddie_mercury3



もうひとつ、ちょっと似ているけれど、違うジャケット。

Queenrogeryfreddie_2

Freddie_mercury_205


こっちの場合は、なんとなくロジャーの方が似合っている感じ・・・っていうか、この写真のロジャーがセクシー過ぎるからかな~(笑)!

フレディも、充分かっこよくきまっているんだけれど、どうしても、素肌にジャケットで胸をジャ~ン!!!て見せられちゃうと、とっても弱い私・・・。


あっ・・・あったあった、一つ前のジャケットに戻りますが、フレディの胸をジャ~ン!!!ていうやつ!(素肌にジャケットじゃないところが、ちょっとおしいけど。)

まぁ、フレディの場合、素肌にジャケットバージョンの画像は多々ありますが・・・。それにこの画像、以前にもブログに載せた事あります(笑)。

Freddiemercury66



少しずつ、カテゴリー分け作業やっていますが、もうちょっと時間かかりそうです・・・(汗)。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!




2010年10月10日 (日)

ジョンお誕生日おめでとう!

10月9日は ジョン・レノン70回目の誕生日でした。

以前のブログ記事にも書きましたが、今年はジョン・レノン生誕70年/没後30年です。


ジョン・レノンの誕生日(10月9日)から命日(12月8日)まで、今年もイマジン・ピース・タワーは点灯します。

最初の点灯はアイスランド時間で10月9日午後7時45分から(日本時間10月10日午前4時45分から)、予定されています。そして、冬至(12/21~28)、大晦日(12/31)、春の第一週目(3/21~28)にも、点灯します。

タワーは、日没2時間後から夜12時まで点灯、元旦は日の出まで点灯します。


イマジン・ピース・タワーとは、アイスランドの首都レイキャビク、ビーズエイ島にあり、ヨーコが、ジョンとの思い出から着想した、公共芸術作品の光の塔です。

詳しくは→http://www.dreampower-jp.com/peace/page97/page97.html


このホーム・ページからもイマジン・ピース・タワーへ平和の願いを送ることができます。

そして、アイスランドからのイマジン・ピース・タワーのライヴ写真も、見る事が出来ます。

2

詳しくは→http://www.dreampower-jp.com/peace/page97/liveview/liveview.html





☆ジョン・レノン・ソロアルバムのオリジナル・ミックス最新リマスター盤、10/6発売。

詳しくは→http://www.emimusic.jp/st/johnlennon/release/

●ボックス・セット「ジョン・レノンBOX」〔完全精算限定〕

Box1

●「ザ・ヒッツ~パワー・トゥ・ザ・ピープル」通常盤

Tocp70909

●「ザ・ヒッツ~パワー・トゥ・ザ・ピープル」デラックス・エディション(CD+DVD)

Tocp70910_2


●テーマ別選曲4枚組CDセット「ギミ・サム・トゥルース」〔完全生産限定〕10/13発売

Tocp70922



● Happy Christmas (War Is Over)

ハッピークリスマス キョーコ
ハッピークリスマス ジュリアン

さぁクリスマスだ
この一年何をしたの?
もうこの年も終り
新しい年が今始まったのさ
だからクリスマス
楽しんでほしいんだ
近くにいる人や親しい人
お年寄りや若い人と

心からメリークリスマス
そしてハッピーニューイヤー
今年は何も恐れることない いい年であるよう願おうよ

そうクリスマスが来たんだ
弱い者にも強い者にも
お金持ちにも貧乏人にも

この世界は間違っているから

ハッピークリスマス
黒人にも白人にも
黄色い人や赤い人にも

すべての争いをやめようよ

心からメリークリスマス
そしてハッピーニューイヤー
今年は何も恐れることない いい年であるよう願おうよ

さぁクリスマスだ
この一年何をしたの?
もうこの年も終り
新しい年が今始まったのさ
だからクリスマス
楽しんでほしいんだ
近くにいる人や親しい人
お年寄りや若い人と

心からメリークリスマス
そしてハッピーニューイヤー
今年は何も恐れることない いい年であるよう願おうよ

戦争を終わりにできる、もし君が望むなら
戦争終わりにしよう 今すぐに

ハッピークリスマス




「War Is Over If You Want It あなたが望めば、戦争は終わるのです」
愛をこめて、オノ・ヨーコ



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

Img85024_2

人気ブログランキングへ

↑ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします!



2010年10月 6日 (水)

やっと届きましたー!

昨日の夕方に、やっと無事届きましたー!

「Freddie For A Day」のOnline Shopで購入した、Tシャツとバッジが!!!

ジャ wwwwwww ン!

Dscf0951_2   
Dscf0953_4

わーい!フレディとお揃いだ~!嬉しいな~!あ・・・でも、バッジは思っていたよりでかい・・・。

品物の利益全額が『MERCURY PHOENIX TRUST』にいくそうで、私の購入した物の利益なんて微々たるものだけれど、それでも少しでも寄付ができたと思うと嬉しいです。

● 「Play The Game」

まだヒゲのフレディになって、間もない頃のフレディ。スタイル抜群だな。2:05あたりでドラムに飛び移るところなんて、脚がまっすぐで長くて(昔からずっとそーだったけれど)、じーっと見つめちゃいました。

この「Play The Game」が収録されているアルバム『The Game』(1980年)から、それまでの「No synthesizer」が「This album includes the first appearance of synthesizer on a Queen album(このアルバムはクイーンのアルバムで初めてシンセサイザーを使っている)」になったんですよね。

Imagescaomzjhz 

昔からのファンはそれだけでもビックリだったろうし、その上フレディの髪型やヒゲにもおどろいたんだろうなー。

このアルバムに収録されている「Crazy Little Thing Called Love」のPVでは、まだフレディにヒゲはありません。


私がQUEENを知った時は、もうそうなった後だったので、それ以前のQUEENを知った時は、それはそれで、又別の驚きと感動がありましたけど。



実は残念な事に、正確にはフレディとお揃いではなかった・・・。

フレディが着ているTシャツには、背中に赤いイナズマがあるけれど、今回届いたTシャツにはそれが、無いーーー!!!

Dscf0972

<追記>

カテゴリー見直し中と書いておきながら、ずっとほったらかしでした。もうそろそろ手をつけないと記事も増えてきたので、大変だー!という事で、ちゃんと見直して作り直そうと思っています。記事であつかった曲をアルバム別のカテゴリーにしようかなと、思っています。LIVEとか関係なく、曲で分けようかなと。でもそれで、すんなり分けられるのかな・・・ちょっと不安。

他も少しずつ変えていこうと思っています。


一番最後になってすごく申し訳ないんだけれど、

ロジャー!結婚おめでとう!お幸せに!


●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年10月 1日 (金)

最近のお気に入りアルバム

ついこの前まで『JAZZ』のアルバムがお気に入りで、車の中でよく聴いていました。

外出の際の移動は、もっぱら車が多いので、ふだんQUEENの曲は、車の中で聴く事が多いです。誰にも邪魔されない場所だし、音楽だけを聴いていられるし。家にいると、音楽をかけていても、何かやりながら聴く感じになっちゃって、座ってじっくりというわけには、なかなかなれない。それに、わりと車運転するの好きなんです。

ちなみに『QUEENⅡ』は別格扱いなので、最近のお気に入りとかは関係無く、よく聴きます。

最近お気に入りで、自分の中では人気急上昇なのが、『A DAY AT THE RACES(華麗なるレース)』のアルバムです。

Queen_a_day_at_the_races_2

このアルバムって私的にはだけれど、今の季節・・・秋に聴くのに、いいなぁ~と思う曲が詰まっているような気がして。

フレディが弾くピアノの曲も、好きな曲がいくつもあるし。

その中でも、「YOU TAKE MY BREATH AWAY」は、やっぱりいいよなぁ~。

以前もこの曲はブログに書いた事ありますが(よろしければ、その時の記事)、その時載せた1977年London Earl's CourtのLiveと同じもので、映像がもっときれいな物があったので、載せたいなと思って。



● 「YOU TAKE MY BREATH AWAY」(1977年London Earl's Court)



もうひとつは、1976年Hyde Parkの時のものです。こちらは白のレオタードですよ~ん。
Earl's Courtとは、又違った雰囲気があります。

R_07220freddy20mercury20msg2077

● 「YOU TAKE MY BREATH AWAY」(1976年Hyde Park)

Hyde Parkで演奏した時は、まだ『A DAY AT THE RACES(華麗なるレース)』のアルバムが発売される前でした。


『A DAY AT THE RACES(華麗なるレース)』のアルバム最後の曲、「TEO TORRIATTE(LET US CLING TOGETHR)手をとりあって」はLiveでピアノをブライアンが弾いていますが、この曲を聴いて、いつも最後に又、しみじみと聴き入ってしまいます。

● 「TEO TORRIATTE(LET US CLING TOGETHR)手をとりあって」




毎回しつこい様ですが、「Freddie For A Day」のOnline Shopで購入した、Tシャツとバッジの件ですが、お問い合わせメールの返事がきました。

海外発送は、2~5週間ぐらいかかるという事は知っていましたが、私は、注文から2~5週間だと思っていたのですが、メールによると、発送されてから2~5週間(24th business day)かかるそうです。

だから、発送されたのが9/16なので、10/21頃までには届くらしい・・・すごい時間かかるんだな~スタンダード発送って。まさかとは思ったけれど、船便かな。

日にちを過ぎても届かなかった場合は、最寄の郵便局に問い合わせてみて、それでもわからなかったら、又お問い合わせくださいとの事でした。

一応安心したけれど、早く無事に届きますように!!! 




●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ