« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

お騒がせTwitter

最近ずっと暑く風もさほど無く、外に出ればムッとしていてサウナで呼吸をしている感じ。

ダイエットがてら海まで歩きたいなと思うのですが、ちょっと暑すぎて・・・。涼しくなる頃には日が暮れているので、海まで行って帰ってこれない。

海まで行ってあのお方が待っていてくれるのなら、日照りの中這ってでも行くのですが(笑)。

Freddiemercury3682567502_dbd3f260ee


先日、そんな暑さを吹き飛ばすためにと、Twitterでおススメの一曲として、QUEENの「Son And Daughter」のYouTubeを載せてつぶやいてみた。

「Son And Daughter」(1974 Rainbow Theater)



すると、学生時代の友人 I ちゃんから、

『よけい暑苦しいような・・・でもちょーかっちょイイからよし!』

と返信がきた・・・。


暑苦しかったのか・・・暑さが吹き飛ぶと思ったのにな・・・とちょっとへこんだが、

『ちょーかっちょイイ 』

と言ってくれたので、すごく嬉しかった!

I ちゃん!踊っちゃうぐらい嬉しかったよ!!!

だって、身近でQUEENの事カッコイイって言ってくれる人だれもいないし。身近にQUEENの話する人って言うより、音楽の話自体する人がいないな・・・。

音楽の話ができる相手って、よく考えてみると、パソコンの中の見えない相手とだけだわ・・・。


何?この現実(笑)。


一応Twitterやっていますが、あまりつぶやいていない私ですが、先日QUEENが原因で久々旦那とケンカをし、その悔しさをTwitterにぶつけて叫びました。

一回でつぶやける字数が決まっているので、一回のつぶやきでは収まらず、二回に渡って叫んでしまいました。

それだけ、悔しくて怒りが収まらなかったんです~(汗)。でも、Twitterには相手が旦那だとは書かなかったのですが。


その夜、携帯に一通のメールが届きました。学生時代の友人Kちゃんからで、

『何かあったの?Twitterを見たI ちゃんが心配しているよ。』

と言う様な内容でした。

・・・お騒がせしてすみませんでした。

その後、事情を説明した内容とあやまりのメールを返信しました。


え~っと、ケンカの原因は『QUEEN』で、以前ブログにも書いたピアノの楽譜『QUEEN Piano Collection』がピアノの所にあるのを見た旦那が、

「又くだらない物買って・・・。どうせ使わないでそのままなんだろう~!」

と言った一言で、今までQUEENの事でずっと迫害を受けてきた私は、ブチ切れたのでした。

一生懸命楽譜と闘ってピアノ練習しているのにーーー!!!くっそーーー!!!くっそーーー!!!そんな事言いやがって!!! (注:こんな言葉は実際には使っていません(汗)。)

悔しくて悔しくて涙が止まらず、機関銃のように気が済むまでしゃべり続け、グーでボディをボコボコに打ち続けました。(昔、「金八先生」で三原順子が、「顔はやばいよ!ボディにしな!」って言ってたよね?)

あまりの私の激しさに、相手は謝ってきましたが・・・。


そんな事で、みんなに心配をおかけしてすみませんでした。反省・・・、相手は旦那でした・・・。それと同時に、心配をしてくれるなんて、ありがたい事だな~とも思いました。


I ちゃんからはDMで、

『それがTwitterの利点の一つだからいいのよ。』

とやさしいお返事をいただきました。

ほんと、みんなありがとう。


別の日、旦那と私の車で出かけた時、エンジンをかけるといつもの様にQUEENの曲がかかると、旦那がピッ!ピッ!とボリュームを下げたので、ピッ!ピッ!ピッ!ピッ!!!とボリュームを上げた。


結構、根に持つタイプだな、私!!!(笑)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

2010年7月26日 (月)

Happy Birthday ! Roger !

Happy Birthday ! Roger !

Qroger
Roger Meddows Taylor(1949年7月26日生)


お誕生日おめでとう!ロジャー!

ブライアンのお祝いは一日遅れてしまいましたが、ロジャーのお祝いに合わせてブログ更新するの、間に合いました・・・(汗)。


金髪そして青い大きな瞳の王子は、ドラムを力強く叩きながら、歌も唄っちゃう。又、その声が渋いハスキーボイスときたら、女の子達が夢中になってしまうのもしょうがない!

(それでも、私はフレディ LOVE なんですが(笑)・・・。)


「I’m In Love With My Car」(A Night At The Opera)




「The Loser In The End」の歌詞は、今の私に言われている様な気がしてしまう部分があるのですが・・・ロジャー・・・。

「The Loser In The End」(QUEENⅡ)

So listen mothers everywhere
To just one mother's son
You'll get forgotten in the end
If you don't let them have their fun
Foget regrets, and just remember
It's not so long since you were young

だから、全ての母親よ どうか聞いて欲しい
息子たちには好きなようにさせる事が一番
さもなければ、いつか忘れられてしまう
思い通りに行かないものと、嘆くのはやめて
さあ、想い出すのだ
自分にも、あのような時代があったのだと・・・



激しい曲ばかりじゃなくて、しみじみと聴いてしまう様な曲もあります。
この曲、好きです。

「Drowse(さまよい)」(A Day At The Races)





QUEENのアルバムを振り返ってみて、私の好きなロジャーの曲(&ロジャーが唄っている曲)を3曲選んで紹介してみました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年7月23日 (金)

初めて買ったレコード

ちょっと話題にするには遅いですが・・・。

「Player」8月号の表紙、Charとオリアンティでしたね。
本屋で見た時、(Charって昔から変わらず、ずっとカッコイイな~!)と思ってしまいました。

Monthly

あの、ギターの野村のよっちゃんも、Charのファンだよね!?

因みに、オリアンティが直々にギターを教えてくれるギター教室開催だそうです。応募締め切り7月25日(日)。


今までブログで、音楽は洋楽、特にQUEENの事を中心に書いていますが、昔から洋楽ばかり聴いていたのかと言うと、そうではないんです。

両親が洋楽好きで、レコードが家にたくさんあったとか、音楽好きの兄や姉がいたわけでもなかったので・・・。
洋楽をまともに聴く様になったのは、ある程度になってからで(ある程度っていつよ(笑)!)、小学生の頃は、邦楽ばかり聴いていました。

知り合いのお姉さんの影響で、Bay City Rollers は少し聴いていましたが・・・。

あーそれと、お姉さんの影響でと言えば思い出すのが、近所のお菓子屋さんのお姉さんに、ずうとるび(注:ビートルズじゃないですよ~)の曲をよく聴かされていて、

「この中で○○ちゃんなら誰が好き?」

とか、聞かれてました(笑)!


そんな私が自分のお小遣いで初めて買ったレコードは、フィンガー5「恋のダイヤル6700」のシングルレコード(EPって言ってたんだっけ?)です。たぶん、小学2年生ぐらいの時だったかな・・・。

アキラの大ファンでした!!!ファンレターなんかも、せっせと書いたりしていました。

フィンガー5と言ったら沖縄出身だけど、昔って沖縄行くのにパスポート必要だったんだよね。


フィンガー5の曲の中で一番好きだった曲で、今でも頭の中で聴こえる曲は「上級生」っていう曲で、「恋の大予言」のB面の曲。

●「上級生」

「フィンガー5」の名付け親はお母さんで、当時アメリカで大ヒットを飛ばしていた同じく5人兄弟のグループ・・・「ジャクソン・ファイブ」を意識したものだったそうです。


今はパソコンで、すぐ色々な事が調べられるし、YouTubeなんかもあるから、昔私がフィンガー5を好きだった子供の頃知らなかった事もいろいろ知る事ができるんですよね。

あの頃知らなかったけれど、フィンガー5て ジャクソン・ファイブを意識してグループ名決めただけあって、ジャクソン・ファイブの曲を何曲かカバーしていたんですね・・・。

大好きだったと言っても、シングルしか買っていなかったので、LPの方に入っていたのかな。

●愛はどこへ

この曲は「I'll Be There」のカパー曲。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年7月20日 (火)

一日遅れのHappy Birthday !

Happy Birthday ! Brian !

2296358813_1

Brian Harold May (1947年7月19日生まれ)


日本時間でもイギリス時間でも、一日遅れの誕生祝になってしまいました・・・。ごめん、ブライアン・・・。

昨日は忙しくて、でもブライアンの誕生日の日に「おめでとー!」が言いたくて、昨日中にブログを更新する予定でしたが、ソファーで寝てしまっていた。

気がついた時は、もうすでに次の日・・・。(一応言い訳をしたかったsweat01


実は私、ロジャーのしゃがれたハスキーボイスよりも、ブライアンの優しい歌声が好き。ブライアンと言ったら、やっぱりこの曲「’39」(Brian May作) 。

●「’39」(Acoustic Solo)

●「’39」((Earl's Court 1977)

ブライアンのギターも大好き。

Brianmaybhm12

ブライアンのあの髪型っていつからなんだろう・・・。


短くなったり長くなったりするだけで、あのカーリーヘアーはずっと一緒だし。でも、すごい似合ってるけどね!


うちの愛犬、トイプードルのショコラと同じカール。

1984_staffel_dave_dilloway_richard_

この頃は、まだ今みたいなヘアースタイルじゃなかった。




Brian_mum

わかると思うけれど、ブライアンは右側。左側はママ。間違いないよーに。


ブライアン!!!来日!そしてLIVE!待っています!!!



日本は昨日、7月19日は「海の日」でした。

海・・・行きたいな~!

Freddiemercury3682568992_b5949e4d33

今日のこのページは、ブライアン!おめでとう!だろう・・・私。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年7月16日 (金)

『QUEEN Piano Collection』 その3  Garden⑫

Freddiemercuryfreddie

別にどの曲を弾く事にしたかって事、『QUEEN  Piano Collectionその3』まで引っぱる事も無かったんですけれど・・・すごく文章が長くなりそうだったのでsweat01


ピアノの曲・・・ライヴとかで、ピアノで弾いて唄っている曲とかだったら、私にも感覚つかめそうだし・・・。


最初に頭に浮かんだのは、「Bohemian Rhapsody」だけど、うーん、まだムリムリ。だけど、ちょっとだけ・・・と思い、少しだけ楽譜の通り弾いてみましたが、所々「うん?」て思う所もあり、今はパスにしました(笑)。


そのうち弾ける様になれたら、嬉しいな・・・。


候補は、「Save Me」「Good Old Fashioned Lover Boy」「Teo Torriatte(Let Us Cling Together)」そして、ライヴではブライアンのギターで唄っている「Love Of My Life」。


その中から私が一番最初に練習しようと決めた曲は、「Teo Torriatte(Let Us Cling Together)」です。

●Teo Torriatte(Let Us Cling Together)

気持ち的には「Love Of My Life」弾きたいな・・・っていう思いもあったのですが、、「Teo Torriatte(Let Us Cling Together)」に決めました。この曲も、私の大好きな曲の一つ。

地道に根性で、練習しています。

まだ、ゆっくりでしか弾けませんが、少しはそれなりの雰囲気が出ていると、自分では思っています。

うれしいな・・・と思える、今日この頃。


これからも練習がんばろー!!!


なりきりフレディになってピアノが弾けるのは、まだまだ先だけれど・・・(汗)。


☆Delila's gaeden

家の庭の紫陽花も、今年はもう花の時期は終わりました。

アナベルをドライフラワーにしようかな~と思い、逆さに吊るしてみた・・・こんなので、ドライフラワーできるのかな。

Dscf0567_2

Dscf0569

もっとグリーンぽくなるまで待ってから、ドライフラワーにした方が綺麗だったかも・・・。


この先、ちょっと怖い生き物登場です・・・(告知しておきます)。


昨日外から帰ってきたら、家の駐車場に何かいた。

近づいたら、クモだったΣ( ̄ロ ̄lll)

こんな大きいの見た事無い!!この画像は望遠使って撮りましたよ。

Dscf0580

こんなに大きい蜘蛛を見たのは初めてだったので、ちょっと、ビビリました。

生きてはいなかったみたいです・・・。

気づかなかっただけで、普段から庭とかにいたのかな ・・・。

怖いwwww!!!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年7月14日 (水)

『QUEEN Piano Collection』 その2  Garden⑪

『QUEEN  Piano Collection』

「Seven Seas Of Rhye」「Killer Queen」「Lazing On A Sunday Afternoon」「Love Of My Life」「Bohemian Rhapsody」「Somebody To Love」「Good Old Fashioned Lover Boy」「Teo Torriatte(Let Us Cling Together」「We Are The Champion」「Spread Your Wings」「Don't Stop Me Now」「Save Me」「Radio Ga Ga」「It's A Hard Life」「Let Me Live」「You'r My Best Friend」「The Show Must Go On」「These Are The Days Of Our Lives」

1975_steinway

『QUEEN  Piano Collection』パラパラめくってTwitterで、

『QUEEN  Piano Collection届きました。どの曲が弾きたいかと言うより、一番簡単そうなやつからにするか・・・。』

とつぶやいたら、

『「Seven Seas Of Rhye」のイントロなんて、特に難しそうですね。』

と返信が来て、それに対して私は、な・なんと、何も考えず浅はかな返信・・・。

『「Seven Seas Of Rhye」一番最初に載ってました。これは意外と難しくなさそう。 ♯が二つだし・・・。』

今思い出しても、すごい恥ずかしいわー。私のレベルであんな事つぶやいちゃって!!!

そして、別の方からの返信。

『この曲って確か、フレディ自身が「こんな難しいの弾いてたんだぁ・・・」て言ってたんじゃなかたっけ?♯や♭より4連×4の超人的速さ』

そして最初に返信くれた方からさらに・・・

『音符の事はわからないですが、ライヴのフレディの指の動きが凄かった。』

・・・そーなんですよねー。あの曲のイントロ、ピアノすっごい速いんだよね。すみませんでした・・・浅はかな奴で。

因みに「Seven Seas Of Rhye」イントロ部分弾いてみましたが、あんなに速く指が動かないです・・・( ̄◆ ̄;)

●「Seven Seas Of Rhye」
(YouTubeこの間ブログに載せたばっかりだから、Wembleyでフレディがイントロ部分をピアノで弾いているものにしてみました)

そして、この楽譜には一つ一つの曲に対して、コメントが載っているんです。

●「Seven Seas Of Rhye」のコメント
初っ端からかなり凄いことになっていて、指がついていけない!という声が、今にも聞こえてきそうです。が、大変なのは最初と、Cのソロと、Dの手前のみで、それ以外はそれ程難しくありません。むしろ、大変な所の方が結構迫力があるので、聴き手にも充分この曲の凄さが伝わり、弾きごたえがあると思います。元々速めの曲ですが、最初はゆっくり始め、徐々にテンポを速めていくようにしましょう。)


でもさ・・・あのイントロのピアノの部分が、カッコイイんじゃんねーこの曲。あの速さだから、カッコイイんだしさ。そこがムリなんだから、とりあえず今のところ、この曲はパス(笑)。



「You'r My Best Friend」は、何か弾けそうな気がしたので、少し弾いてみたが、何か曲の感じがつかめない・・・。

●「You'r My Best Friend」のコメント
ピアノ一本の伴奏、一人のヴォーカルでなかなか原曲のような厚みは出しづらいのですが、シンプルなメロディや美しいコード進行を楽しみながら味わい深く演奏していきましょう。イントロの左手でしっかりとリズム感を出してAへの準備をします。Aは左手の3連符が多く出てくるので、遅れたり転んだりしないようによく練習してください。)

・・・納得。と言う事で、この曲もパス。


ここまでこのブログ読んだ、あ・な・た!私がどの曲も弾けなさそうだからって、パスばっかりして、結局どの曲もちゃんと練習してないと思っているでしょー!!!

ピアノを主に使っている曲とか、ライヴでピアノを弾いて唄っている曲なら、私でも曲の感じがつかみやすいし、雰囲気も出せるんじゃないかと思って、どの曲にしようかなーとちゃんと考えて決めました。

そして時間がある時は、1時間~1時間半練習していますよー!ingですよー!(意味伝わっているかな・・・。)

長くなるので(いつもダラダラと長い文章ですみません)、どの曲かは次回へ続く。


まだ、続くんです・・・『QUEEN  Piano Collection』(笑)!!!


☆Delila's gaeden

雨が降ったり、止んだり忙しい天気です。

バラも二回目の蕾をたくさん付けて、花が咲いたものもあります。

雨が続いていて、殺虫剤を撒けない日が続いたり、撒いても次の日雨の繰り返しで、みごとに大事な蕾がやられてしまった!

Dscf0504

Dscf0505

Dscf0526

早く梅雨が終わってくれないかな・・・。

虫にやられず、咲いたバラ。

Dscf0554_2

Dscf0560 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年7月 8日 (木)

『QUEEN Piano Collection』 その1

ピアノでも弾こうかな・・・という、ちょっとした気持ちで、『QUEEN  Piano Collection』を手にいれました。

5118qwb999l__ss500__2

私はエレクトーンを小学生の頃習っていましたが、ピアノは習っていなかったので、独学。

それに、エレクトーンを習っていたのは、母が昔、YAMAHAの新人セールスマンが家にやってきて、全く売れてなさそうでその人がかわいそうだからと言う理由で、友達の家も巻き込んで、エレクトーンを購入し習わされたんですー。

なんで、あの時YAMAHAの新人セールスマンは、エレクトーンじゃなくてピアノを売り込みに来なかったんだろう!!!そうしたら、エレクトーンじゃなくて、私はピアノを習っていたのに・・・。

YAMAHAって言ったら、ピアノ!ピアノだろ!!!

エレクトーンだって長年やっている子に聞くと、ピアノとは又違う良さがある様で、「弾いていて楽しいし、CD使って別のリズムと合わせて弾いたり、いろんな事ができて楽しいよ!」と言っていた。それはそれで、とても良く解るんだけれど、私は何故か、ピアノに対して『素敵』な憧れをずっと持っていた。あのピアノの音色ってー言うか、歩いている時に風に乗って聴こえてくる、どこかの家のピアノの音。

・・・と言う事で、娘には是非ピアノを習わせたい!と思い、4歳からピアノを習わせた。一からのスタートなので、私も同じ気持ちで、娘のピアノの練習に付き合う様になった。自分がピアノを弾ける訳でもないのに、ちょっと厳しくした事もあり、泣きじゃくりながら練習をさせた事もあったが、「やめたい。」とは言わなかった。

ちょっとあの頃は、私の方が一生懸命になりすぎていて、次の課題の曲を自分が練習して弾ける様にしてから、娘の練習に付き合っていた。外で仕事もしていたので、見てあげられる時間が限られていたので、必死になっていた。そうこうしているうちに、私も少しはピアノが弾ける様になっていったんですけれど・・・。

そのうちだんだんと曲が難しくなってきて、楽譜も単純なものじゃなくなって、私にはお手上げになってしまた。練習も独りでする様になり、それにもう、私がとやかく言える立場ではなくなってしまった。


そして今、うちのピアノはポツーン・・・と置かれている。たまに思い出した様に、娘に弾いてもらっている時もあるんだけれど、なんだかかわいそう・・・。

・・・そうなんです。約一年半前に、娘はピアノを辞めてしまったんですねー。ピアノとバレエを続けている状態が難しく、ずっと続けてきたので、本人も迷っていましたが、バレエを選択したんです。まぁ、いつかはそうなると感じていましたがね。

だからと言って、私自身がピアノを習いに、先生のところへ行くほどの情熱も無く(笑)・・・。ピアノを見つめていたら、

「そうだ!QUEENの曲でも弾こうかな~。弾ける様になったら、なりきりフレディで、自分のピアノに酔いしれてみたい~!」

という、単純な軽~い発想のもと『QUEEN  Piano Collection』は、私の手元にやってきたわけです(汗)。


この間の土曜日、午前中ちょっと用事があり、外出していました。帰ってきて、玄関のドアを開けると、ピアノの音が・・・聴いた事のある曲・・・「Radio Ga Ga」だ!!!

「この曲好き!もう、弾けちゃったもんね!」そう言うと、娘はチェシャ猫みたいに、ニヤついていた。

くっそーーー!!!(最近のマイブーム(笑)!)又しても、QUEEN事で先を越された!!!

「Radio Ga Ga」



●ピアニスト フジ子・ヘミング語録
(「あなたにとってピアノとは?」と訊かれて)「猫達を食わせていくための道具ね」

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年7月 5日 (月)

番組スタッフがQUEENファンなのか。

以前ブログで、TV「秘密のケンミンSHOW」で、QUEENの「YOU'RE MY BEST FRIEND 」の曲が流れた事を書きましたが、7月1日放送の「秘密のケンミンSHOW」でも、又QUEENの曲が流れました。

私は真剣にTVを見ているわけではないので、私より先に娘がすぐ反応しました。(くっそー!先を越された!)
「又、QUEENの曲だよ~!」
・・・曲の一部しか流れないのに、よくわかるな!!!やっぱり、車に乗ると毎回QUEENの曲を聴かされているから、少しずつ少しずつ洗脳されているのかしらん(汗)・・・。

今回は「熊本県民は、馬肉に納豆をあわせた『さくら納豆』が大好き!?」という内容の所で、「SEVEN SEAS OF RHYE」の曲の『forever ~forever ~forever ー!』の部分が流れました。何故、この曲のこの部分が使われたのかは不明・・・納豆のネバーネバーと、かけたのか!?

「SEVEN SEAS OF RHYE」『QUEENⅡ』収録)

この番組、毎週見ているわけじゃないけれど、もしかして毎週QUEENの曲流れているのか!?番組制作スタッフの中にQUEENファンがいるのか!?
7月8日も「秘密のケンミンSHOW」見て確かめてみようかな・・・。


もう一つ、おまけでTVネタ。

古い内容ですみませんが、6/25「ミュージックステーション」の『あなたが選ぶ夏うた、昭和VS平成』で、昭和部門の34位がフレディ・マーキュリーの「I Was Bon To Love You」でした。

・・・これも、娘からの情報でした。(くっそ~!)私はこの番組見ていないので。娘から聞いて、録画されていた物を後から見ました。

51

久々じっくり見たけれど、やっぱ、かっこいいな・・・フレディ。真っ白のコスチュームが良く似合っている!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

2010年7月 1日 (木)

香辛料の思い出と「彼」のルーツ

前回のブログで、インドの事を書いていて、思い出した事があるんですが・・・。

インド料理と言ったら、香辛料がたくさん使われていますが、私は17年ぐらい前、約2年間古い集合団地で暮らしていました。4階建てのエレベーターの無い、階段の両脇に1軒ずつあるタイプの団地です。
その階段に面した壁に、各家庭の昔ながらの台所の換気扇が付いていました。

1階は2軒とも、たぶん日本人(はっきり憶えていない!)、2階と3階の1軒は、ブラジル人と日系ブラジル人の若い男の子達が何人かで住んでいて、3階のもう1軒と4階の1軒は、中国人夫婦、そして4階のもう1軒に、私が住んでいました。

夕方仕事から帰ってきて階段を昇る時は、ちょうど夕飯の支度時で、むせる程のいろいろな香辛料の香りがする、ちょっと独特の空間でした。

あまりにもいろいろな香辛料の香りが入り混じると、正直、あまり心地よいものではなかったけれど、今となっては、とても懐かしい思い出です。

隣の中国人の奥様から手作りの水餃子を頂いた事があるのですが、とても皮がモチモチして、ジューシーでおいしかったのを、憶えています!


そしてインドと言えば、フレディ・マーキュリーが少年時代を過ごした、ボンベイの「セント・ピーターズ英国寄宿学校」がありました。

ボンベイは1995年インド国有の名前「ムンバイ」に変わりました。
アラビア海に面した、インド随一の国際貿易都市であり、インド全土から長距離列車が発着する、主要駅もありますが、現在でも様々な宗教が混在しているため、宗教問題を発端とする暴動や、時には爆弾テロなどが起こる事もあるそうです。
路上生活者が道に溢れている一方、近代化の掛け声の中、スラムを潰して高層住宅の建設ラッシュ、家賃や物価の高騰など、インドの光と影を抱え込んだ、インドの歴史と発展を凝縮した街だそうです。

そして、フレディの生まれ育ったアフリカのザンジバル島(ストーン・タウン)は、かつてアフリカの奴隷、象牙、香辛料貿易で栄えた場所。
支配層であったヨーロッパとアラブ、双方からの文化の影響を受けた街並みは、現在世界遺産として登録されています。(ちなみにザンジバルの街には、フレディの大好きなネコ達がたくさんウロウロしているそーです。)

220pxzanzibar_from_sea_22lv_5678_2 








アフリカのザンジバルとインド・・・両方の国で、多感な少年期を過ごした、ファルーク・バルサラ(フレディ・マーキュリー)。

国籍はイギリスだが、ペルシア系インド人のパールシー(ペルシャのゾロアスター教の末えいで、イスラム教への改宗を拒みインドに宗教亡命した、少数派のゾロアスター教の子孫)。1964年大規模な革命運動「ザンジバル革命」に巻き込まれ、ザンジバル島を離れイギリスへ。

様々な宗教、様々な文化にさらされ、時代に翻弄されて成長した、ファルーク・バルサラ。

フレディ・マーキュリーが「希有」なロック・シンガーと言われるルーツは、そういう事が大いに関係しているんじゃないかと思う。

T02200333_042306401031921989121_2

Freddiemercury91 

Anyway the wind blows... 
(どっちみち 風はふくのさ...)
  (「Bohemian Rhapsody」より)

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

       人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ