« 何をやってたんだ!私!!! Garden③ | トップページ | 仰け反りポーズ その1 »

2010年5月26日 (水)

Be your Valentino just for you !  Garden④

昨日(ブログ書いているうちに日付が変わったので、詳しくは一昨日)月曜日は雨の中、ディズニーシーに行ってきました。帰ってきたら、うちの辺りは雨風すごかったらしく、庭が大変な事になっていた・・・。今日は朝7時から庭の片付けをしていました。バラの花びらが庭中、外の道路まで散らばっていてお掃除。バラの折れた枝などの手入れ・・・洗濯を干しながら作業をして、12時までかかってしまいました。大きいゴミ袋3つ分に花びらや枝がいっぱいに・・・泣きたくなった・・・ジムさ~ん!!!助けてーーー!!!

そんな私を癒してくれるのは、やっぱりQUEENの曲・・・フレディの歌声。

Queens_first_ep Queen_a_day_at_the_races_2




『A DAY AT THE RACES(華麗なるレース)』に収録されている「GOOD OLD-FASHIONED LOVER BOY(懐かしのラヴァー・ボーイ)」・・・この間からこの曲が、しばらく頭から離れない。
何故だろう。胸がキュン・・・となる1曲。


Earl's Court編集編


BBC Top of the Pops編

「GOOD OLD-FASHIONED LOVER BOY」
I can dim the lights and sing you songs full of sad things
明かりをおとして 君に悲しみがちりばめられた歌をうたおうか
We can do the tango just for two
二人のためのタンゴを踊ることだってできる
I can serenade and gently play on your heart strings
セレナーデを歌い君の心の琴線をやさしく奏でようか
Be your Valentino just for you
君だけの恋人になってあげるよ

Ooh love-Ooh Lover boy
素敵な ラヴァー・ボーイ
What're you doin' tonight,hey boy
今夜の予定はどうなってるんだい
Set my alarm, turn on my charm
時間に遅れないで 魅力をふりまくのさ
That's because I'm a good old-fashioned lover boy
だって僕は素敵で古風なラヴァー・ボーイだからね

Ooh let feel your heartbeat(grow faster, faster)
君の心のドキドキを聞かせてよ(どんどん早くなる)
Ooh Ooh let me feel your love heat
愛の炎を感じさせてよ
Come on and sit on my hot-seat of love
僕の情熱に包まれてごらん
And tell me how do you feel right after- all
そしてどんな気分か教えてよ
I'd like for you and I to go romancing
僕と君とで愛を語らいたい

Say the word-your wish is my command
言っておくれよ 君の望みは僕を言いなりにすることだって
Ooh love,-Ooh loverboy
ああ 素敵な ラヴァー・ボーイ
What're you doin' tonight, hey boy
今夜の予定はどうなってるんだい
Write my letter   Feel much better
手紙を書いて 安心した気分になって
I'll use my fancy patter on the telephone
電話でくすぐったいことを言ってあげよう
When I'm not with you   I think of you always
君と離れているときは いつも君のことを考えている
I miss you-(I miss those long hot summer nights)
会いたいな (長くて熱い夏の夜を思い出すよ)
When I'm not with you   Think of me always 
僕と離れているときは いつも僕のことを考えて
I love you-love you-
愛しているよ 愛している

Hey boy where do you get it from
おい どこからそんなセリフが出てくるんだよ?
Hey boy where did you go?
おい どこで覚えたんだよ?
I learned my passion in the good old-fashioned
いちずに思いつめる情ってのは
school of lover boys-
昔のラヴァー・ボーイをお手本にして学んだのさ
Dining at the Ritz we'll meet at nine precisely
リッツでお食事 9時ぴったりに会おうね
I will pay the bill, you taste the wine
僕がご馳走するよ 君はワインを味わって
Driving back in style, in my saloon will do quite nicely
帰りは僕の車で 意気に送ってあげよう
Just take me back to yours that will be fine
君の家に入れてくれても構わないよ
(Come on and get it)
(カモン・ゲット・イット)

Ooh love, ooh lover boy
ああ 素敵な ラヴァー・ボーイ
What're you doin' tonight, hey boy-
今夜の予定はどうなってるんだい
Everything's all right   Just hold on tight-   
すべてがうまくいくよ しっかりがんばるさ
That's because I'm a good old-fashioned lover boy
だって僕はいかした古風なラヴァー・ボーイだからね


この訳は歌詞カードのものだけれど、
I learned my passion in the good old-fashioned school of lover boys.
のところは、
いちずに思いつめる情ってのは昔のラヴァー・ボーイをお手本にして学んだのさ
と訳されていますが、どこかのサイトでこの部分の訳どう?っていうのを読んだ事があるのですが、私的な訳は、
僕はこの情熱を粋な男の子達の学校で学んだんだのさ
・・・フレディ作な曲だけに意味深い。学校・・・インドの寄宿学校・・・!?
君って・・・男かな。
この訳、所々もうちょっとロマンティックで素敵な訳にしてもらいたかったなと思う箇所あり。

だって、同じ様な事を言っていても、もうちょっと素敵な言い回しとかあるじゃない・・・ね。
でも、この曲聴いていると、胸がキュン・・・となるでしょ。


☆Delila's garden

Dscf0272
Dscf0273_2
Dscf0297

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●● 

 

       人気ブログランキングへ

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになっています!ポチッとクリックよろしくお願いします

« 何をやってたんだ!私!!! Garden③ | トップページ | 仰け反りポーズ その1 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ