« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

デライラという名の女

3日前買い物に行ったら、BGMでブロンディの『Sunday Girl』の曲がかかっていて、この前ブログにブロンディの事書いたばかりだったから、少しルンルン気分になっていましたが、その夕方ぐらいから体の調子が悪くなってしまい、どうやら・・・今年初めて花粉症というものになってしまった様です・・・。

やっと、花粉症の方の辛さが解ってきました。今まですみません・・・。


本題に戻りますが・・・ブログを始めて約2ヶ月経ちますが、ブログの2回目に『愛しきDELILAH』というタイトルで記事書いたんですけれど、あの頃はまだ慣れていなくて、文章書いて写真貼るだけで精一杯でした。

YouTube好きの私としては、どーも納得出来ないとずーーーっと思っていたので、今回『DELILAH』の曲のYouTubeをブログに載せよう!と決めました!!!

おまけにタイミングよく、私のブログに“QUEEN Delilah 歌詞 訳”で検索して訪問された方がいたので。(最近の検索ワードナンバーワンはジム・ハットンさん関連です)

すみませーん。もう少し早く、この記事書けば良かった。

Delilah



『愛しきデライラ』

デライラ、デライラ、ああ、君には勝てないよ
泣き出しそうな時に笑わせてくれる君
僕に希望を与え、笑顔にしてくれる君
無邪気な君なら殺人を犯しても逃げおおせるさ
でも不機嫌な時の君はまるで手をつけられない
それでいいんだ!

デライラ、デライラ、ああ、予想のつかない君
君が僕に寄り添って眠る時
僕はこのうえない幸せを感じるんだ

でもチッペンデールの家具にオシッコをかけられたら
僕はちょっぴり頭にくる

デライラ、デライラ
ヘイ、ヘイ、ヘイ

すっかり我が家を独占し
電話に出ようとする君
デライラ、君は僕の宝物

MEEOW MEEOW  MEEOW
デライラ、愛しているよ

君は僕を幸せにしてくれる、キスしてくれる
僕は夢中さ、ああ

MEEOW MEEOW  MEEOW  MEEOW
君には勝てない、愛しているよデライラ
デライラ、愛しているよ

ああ、可愛い口づけ
ああ、可愛い口づけ



フレディとデライラのツーショットの写真が見つけられなかった。
フレディが病床のベッドにいてデライラがそのベッドの上にいる写真はあるけど、載せたくないし。

これは多分、フレディの外見からして、デライラじゃないと思うんだけど・・・。

Tumblr_krt99yk14g1qzoaqio1_400

そして私はいつも、自分がデライラという名の女になりきり、この曲を聴く。

フレディが自分の事を歌ってくれていると思い、この曲を聴く。(お得意の妄想の世界です・・・)

でも、やっぱり猫の歌だから・・・デライラの事をとっても愛しているのはわかるけど、バラード系じゃないし、どっちかって言うと、とっても愛おしくてかわいいって感じだし・・・チッペンデールの家具ににオシッコをかけられたら僕はちょっぴり頭にくるっていう所は無視するにしても、・・・やっぱり、ちょっと無理があるか・・・。

やっぱり、デライラ・・・君には勝てない

私ってば・・・何ごちゃごちゃ一人で言ってるんだろう。(笑)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになりますので、よかったら、ポチッとクリックよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月27日 (水)

『This Is It』再び

予約していたマイケル・ジャクソン『This  Is  It』・・・待ってました。

昨日、手元に届きました!

20091013190640b18s Mj_danceforthisisittours

映画も見に行ったけど、ブルーレイだと特典で、コンサート『This  Is  It』用に新たに撮影された『スリラー』『スムーズ・クリミナル』のショートフィルムが見られるというので、迷わず購入。

これはその一部分。(映っているのはほんとにちょっとだけ)

・・・やっぱり、マイケルすごいなー。50歳にして、あの体型を維持している事もさる事ながら、ダンスもキレがあって、とってもカッコイイ!
あれだけ踊れるなんて、やっぱりマイケルだ!若いバックダンサー達に、まったく引けを取っていない。

あ~でも、バックダンサーのオーディションに合格したダンサー達のコメントのシーン、泣ける・・・。
みんな、マイケルと一緒に仕事ができるという喜びで、目を輝かせている。

彼らは実際のコンサートでマイケルと一緒には踊れなかったけれど、マイケル・ジャクソンの『This  Is  It』のバックダンサーとして選ばれた事を誇りに思い、人生を歩んで行くであろうし、これだけメディアに取り上げられ、この先のダンサーとしての人生にも、大きく影響するであろう。

以前ブログにも書いたケント・モリさんの事に関してもそうだけど、マイケルはたくさんの人達に、いろいろな意味でのプレゼントを残していってくれたと思います。

そして、注目すべき話題のギタリスト、オリアンティ(Orianthi)!
彼女、すごくカッコイイですよね!!!

Orianthi_michael_jackson 081

彼女が気になった、あ・な・た・・・1/27リリースCD『Believe』も注目!


とてつもないスケールの13年ぶりのコンサート・・・やっぱり、見たかった。

今なお続いているマイケルフィーバーですが、コンサートが実現していれば、又別のマイケルフィーバーが起きていた事は、間違いない!!!


よくマイケルは変人扱いされ、マスコミにいろいろと取り上げられていたけれど、普通の凡人ではないからこそ、素晴らしい作品が作り出されたのではないでしょうか。
彼の生活自体が幼い頃から普通ではない環境にあり、普通という言葉をマイケルに使う事自体、普通ではないのです!

彼はKING OF POPですから!

Michaeljacksonthejackson5 Michaeljacksonmj

四六時中マスコミに囲まれている様なもので・・・マスコミの力は、良い方向に働いた時はチャンスをもたらすけれど、不の方向に動いた時は、身も心もズタズタにされてしまいます。

あのマイケルジャクソン裁判がなかったら、マイケルの運命も大きく変わっていったでしょう。
この時、それまでマイケルが行ってきた慈善活動の事実は、無視されてしまったのか・・・。


『This  Is  It』

参加できて誇りに思う。彼は僕を信頼してくれた。
マイケルの信頼を得た事や、一緒に仕事が出来た事は僕の人生の宝だ。
あの場所にいただけでも価値がある。
それに・・・彼ほど僕を感動させた人物は、そういない。
マイケルは永遠に特別な存在だ。
(ケニー・オルテガ)


Tumblr_kpp17ncjja1qzdzcdo1_500 すみません・・・これは、ただ私が載せたかっただけです・・・。





(追記:今日1/27NHK総合23:00~『SONGS マイケル・ジャクソン』)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになりますので、よかったら、ポチッとクリックよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月25日 (月)

フレディのイメージ

土曜日、用事があって、久々六本木に行ってきました。

久々、都会にくりだした感じです!

うわ~!!キョロキョロしちゃいました。

高校生の頃、かわいいシールが売ってるとか、おしゃれな雑貨があるとか言っては、原宿、渋谷、代官山と、ルンルン気分でよく遊びに行っていました。

OLになると、銀座や浜松町のウォーターフロントで飲んだり・・・いろいろ楽しんでいましたが、今は東京から離れた所で暮らしているので、いいところ、買い物に出かけると言っても横浜あたりでしょうか。

実家に帰ったからと言っても、・・・いいところ吉祥寺とか、池袋に行ってしまいます。

そして、そのうち巣鴨に行くようになるのでしょうか・・・え~!!!まだまだ、違うでしょう!!!


何を隠そう、東京ミッドタウン・・・今回初めて行ってきました。(六本木ヒルズも、去年初めて行ったんですけれど・・・)

久々の六本木で、もう、キョロキョロしちゃいました。10代の少女の様に、そわそわしてしまいました!すごい、おしゃれー!!!

ふと、学生時代を思い出し、コンサートチケットを扱う、西麻布にあったホット・スタッフというところでバイトをしていた事を思い出しました。(まだ、あるのかな。)
あとは、レンタルレコードの事務所とか、野球の試合のある時の、神宮球場の売店で飲み物売るバイトとか・・・。

時間があまり無くてじっくり見れなかったけど、お店を見ているだけで、すごく楽しかった。

特に、『DEAN&DELUCA』というお店が気に入りました!世界の香辛料とか、ワイン、生ハム、お洒落なボトルに入ったトマトソース、チーズ・・・こういうお店、大好き!

そして、やっぱり都会のお店だけあって・・・ありました・・・予約しなくても・・・憧れのルイ・ロデレール・クリスタル、黄色いセロファンに包まれて・・・じろじろ見ちゃいました!


家に帰ってきたら、うちの娘が急に何か抱えて運んできた・・・。

旦那に、「ねーねー!こんなの又買ったよー。」

・・・って、それ、Amazonで衝動買いした、QUEENの写真集『THE ULTIMATE ILLUSTRATED HISTORY OF THE CROWN KINGS OF ROCK』でしょうがー!!!

Dscf4891

ずっと、買おうかどうしようか、悩んでいたやつ・・・ちょっと前に結局買っちゃいました。

写真集っていうより、図鑑みたいな感じかな。


あの、告げ口魔女めーーー!!!すぐ、旦那にちくるんだよねー!!!


旦那「なんだーこれー!又、こんなの買ったんだー!」

私「やーあ!買っちゃったんだよねー。中、全部英語だけど。」

旦那「全部、読めよなー!」

私「え~!見ているだけでも、結構楽しいんだよねー!」

旦那「なんのために買ったんだよー!」

「裸だよ!!!フレディの裸が見たくて、絶対買ったんだよ!!!」

・・・って、えーーーえ!!!

QUEENの写真集は、エロ本扱いか!!!

別に、フレディの裸が見たくて、買った訳じゃないんだけど!


でも、よく考えると、QUEENのLIVEのDVD見てても、フレディ・・・初めはちゃんと服着てるのに、後半、上半身裸になってること多いから、娘にとっては、

フレディ=上半身いつも裸

のイメージしか、ないらしい・・・。

最後は『GOD SAVE THE QUEEN』でキマリ!!!

(追記:以前『もしかして・・・呆れてる?』って記事書いたけど、実はばかにされているのかもしれない・・・と思う、今日この頃。)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになりますので、よかったら、ポチッとクリックよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月20日 (水)

癒しの歌声

フレディの歌声は私の心の癒し・・・。

895 Photo

QUEEN『華麗なるレース』収録「Teo Torriatte(Let Us Cling Together)」、フレディソロアルバム『バルセロナ』収録「La Japonaise」では、日本語の歌詞の部分があり、フレディの日本語での歌声が聴けるので、

あ~フレディが日本語話すとこんな感じなのかなー。
こんな感じで日本語でフレディとお話したら、あんな感じかなー。

・・・なんて、妄想の 世界に浸っているデライラです。

ちなみに、Wikipediaで妄想をしらべたところ、

妄想(もうそう)とは、非合理的かつ訂正不能な思いこみのこと。妄想を持った本人にはその考えが妄想であるとは認識しない(病識がない)場合が多い。精神医学用語であり、根拠が薄弱であるにもかかわらず、確信が異常に強固であるということや、経験、検証、説得によって訂正不能であるということ、内容が非現実的であるということが特徴とされている。
(後文略)

(笑!)まあ、ファンなんて、こんなもんだよね・・・。

コンサートで目があって、私の事をじっと見ていたとか思っちゃったりしちゃうしネ!

フレディ~!デライラも一緒に歌っちゃうよ~!

♪手をとり合って このまーま行こうー
 愛する人よー 静かな宵にー
 光を灯しー いとしき教えを抱きー

この曲は日本のファンに向けた、感謝の歌とも言われています。

スペインのオペラ歌手モンセラート・カバリエとの共演です。この曲は、日本の美を歌にしたものです。

フレディ・・・とても素敵な歌声だよ・・・泣けてくるよ。
(3:00ぐらいのところから、フレディの日本語でのソロが聴けます。)


日本を愛していた、フレディ。

プライベートでジムさんとも日本を訪れて、骨董品など買い物三昧するほど日本を愛してくれていました。

自宅には日本庭園を造り、池で鯉も飼っていたフレディ。

フレディ!今日も私を癒してくれてありがとう!


遅くなりましたが、お知らせ・・・。

コメントの件ですが、いただいたコメントは、一時保留した後、公開するように変更させていただきました。

コメント入力された後、コメント検証の画面で文字入力する時は、半角英数で入力お願い致します。

気軽にコメントくださいネ!待ってまーす!

コメント欄公開してしまったので、最初に設定してあったゲストルームには、やはりコメントはしにくいでしょうか・・・。

ゲストルームの方にも、是非気軽にコメントくださいネ!!!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ブログを続ける励みになりますので、よかったら、ポチッとクリックよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月18日 (月)

憧れのデボラ・ハリー

ブロンディ(Blondie)
私が女性ボーカルのバンドで好きだった、数少ないうちの一つです。

Blondie

ボーカルのデボラ・ハリーは、ルックス的に私の憧れの女性でした。

デビュー当時のキャッチフレーズは『パンク界のモンロー』

とてもセクシーで魅力的でキュートだった彼女に、当時の私は、
(将来、自分が大人になったら、あんな感じの女性になりたいなー)なんて思っていました。

Debbieharry1_2 Deborahharry_2

ブロンディのデボラ・ハリー以外のメンバーは全て男性でしたが、私的にはインパクトが強いお方はいなかった様に思えます。

うあ~!私が男性に目がいかなかったなんて、結構めずらしいなーーー!!!


バンドは1982年解散しましたが、1999年再結成しました。
今でも、断続的に活動を続けているそうです。やはり、ルックスは昔と比べてだいぶ変わったみたいだけど・・・。

『ドリーミン』『サンデー・ガール』『コール・ミー』などヒット曲がいろいろありますが、私のお気に入りは、’79年の『ハート・オブ・グラス』です。


Blondie06

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック
        応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月15日 (金)

ちょい不良(ワル)オヤジ

ちょい不良(ワル)オヤジ・・・雑誌「LEON」でジローラモさんがモデルになっていたけれど、昔この言葉が流行っていたら、きっとこんなイメージで、私はデヴィッド・ボウイの事を見ていたのだろうと思う。

・・・もしかして、このちょい不良(ワル)オヤジと言う言葉も、すでに死語だったりして(笑)。

高校生だった私にとって、デヴィッド・ボウイは、とても素敵なセクシーさを感じる、年上の男性でした。

昔から自分より年上の方が好きで、・・・でもきっと、自分もある程度の年がいったら、年下の男の子がカワイイとか思う様になるのかなーなんて思っていたけれど、現在4○歳ですが、好みはそのままで・・・自分より年上の方が(そう見える方)、やはり今でも素敵と思う対象なのです。

デヴィッド・ボウイは、あの大ブレイクした『Let's Dance』から聴く様になり、それから過去の曲もさかのぼって聴く様になりました。

その当時、軽く曲だけよく聴いていた私ですが、今回ちょっと、デヴィッド・ボウイについて調べてみようと検索してみましたが・・・。いきなり内容の濃いものを見てしまいました。

続いて、デヴィッド・ボウイのファンの方の、とってもコアなブログを続けて見てしまい、軽はずみに、デヴィッド・ボウイの事を自分のブログ上で、こんな私が語ってはいけない!と思ってしまいました。

そして、ちょい不良(ワル)オヤジなんて、今流行りの(?)言葉で表現してはいけない!と反省・・・。

検索した中には、デヴィッド・ボウイとフレディ・マーキュリーを比較した様な物もありました。

「デヴィッド・ボウイ / ノンスットップ・トランスフォーマー」引用~
(略)
その時代のパフォーマーは、もちろん彼だけではない。
しかし脆弱を嫌い、常に「エイリアン」のインパクトを追求し続けたのは、彼一人だった。
デヴィッド・ボウイ。
彼の楽曲、ステージ、インタビューの発言などから発散される強度を無視することは、いかなるテリトリーの人間にも不可能だった。

いや、彼一人、ではなかった。
誰もが無視できなかったパフォーマーが、もう一人いる。
1981年にデヴィツド・ボウイと「アンダー・プレッシャー」で共演した、彼もまた、強力な個性で世界中の反発と熱狂を巻き起こした。
フレディ・マーキュリー。
ボウイの真髄を探るのに、これほど格好の比較対象はいない。
(略)
現代も、当時のボウイやフレディほどのインパクト、影響力を持つエンターテイナーは生まれていない。
二人の強度を比較することで、新たなエンターテインメントの可能性が、生まれてくるだろうか。
少なくとも我々は、彼らを知る必要がある。
知らなければ、乗り越えることはできないのだから。


私は彼の音楽が好きで、ただ聴いていただけなので、それ以上のいろいろと深いところまでは何も考えていなかったので・・・ただ、デビューしてから、いろいろと変化しているって事ぐらいは知っていたけれど。

確かに、デヴィッド・ボウイはフレディとは、又違った意味でデビューから今まで、すごい変化をしています。その変化の奥深いところまでは、調べれば調べる程深そうです・・・。

David_bowie_1969F0004532_4143453_2 Bowie

F0004532_638071 F0004532_232010David_aladdin_3

C0130409_326137 Bowie03
Davidbowie3

QUEENとデヴィッド・ボウイの共作『Under Pressure』、デヴィッド・ボウイとフレディが実際のLIVEでは共演した事が無いと思うのですが、1986年QUEENのウェンブリーのLIVEと1992年ウェンブリーでのフレディ追悼LIVEを合成したものがあります。



デヴィッド・ボウイ・・・以前の私とは、又違う感覚で、とても興味深い存在となりました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月13日 (水)

今季最後のバラ

・・・。

去年、バラのお世話が、かなり手抜きになっていました。

いろいろ忙しかった事もあるのですが、いつもの年よりお世話をする意欲がなかった。

でも、あのバラの天敵コガネムシ君は、いつもより登場する数が激減だったし、ハダニの被害も今季はすっごく、少なかった。

天候の関係だったのか、又はあまり過保護にしなかった事が良かったのか・・・。


そして、いつもはとっくに行っている冬の剪定も、まだしていません(笑)。

蕾もいくつか付いているバラもあるけれど、もう剪定いいかげんにやろう!!!

今、庭に植えてあるのが6本、鉢植え4つ・・・3日ぐらいかかるかなー。しばらく、庭師にならないと!暖かい日が何日か続きますように!って、今、外すごく寒いし、風がすごいんですけれど・・・だから、今日は出来ないな(笑)。

始めたら区切りが付くまで、途中で中断できないし、始める覚悟が必要!あーでも、風が強い。ここら辺は海からの風の影響で、風が吹くとすごいって言われているけれど、車で海まで10分ぐらいでも影響あるのかなー。犬と歩いて海まで40分ぐらいかなー。

ジムさん手伝いに来てくれないかなー・・・デライラの庭(うちの庭)では、庭師になってくれないよね。フレディの庭だけだよね・・・。


ちゃんと剪定して肥料もあげるから、又春も、綺麗なお花を咲かせてね。

・・・という事で、今咲いているバラで、今季は見納め。

Dscf4828 シャルロット

寒くて、やっと咲いた感じで、すごく小さい花です。


春はこんな感じでした。

Photo

Dscf4718 マダム・フィガロ








Dscf4814 ストロベリー・アイス

Dscf4867


一季咲きなので、今は咲いていないけれど、私の一番のお気に入りピエール・ド・ロンサール

Photo_2

庭の梅の花も、咲き始めました。

おまけで、家の愛犬ショコラです。

Dscf4870 Dscf4841

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック
          応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月11日 (月)

フレディのソロ活動

フレディがQUEENとは別にソロ活動していた中での、私の好きな曲。

一応、パート1。


「I  Was Born To Love You」  アルバム『MR BAD GUY』に入っている曲。
フレディの事知らない人でも、聞いた事ある曲だと思うんだけれど。

Freddiemercuryiwasborntolov156285 B6a4ac7b3b299f9fe485dee29071c578_fu

QUEENのライブ映像とPVをMIXしたバージョンがYouTubeにあったので、・・・これ、カッコイイと思っちゃいました!




「Living On My Own」 これも『MR BAD GUY』の中の曲。

このPV私、大好きなんです!歌詞の内容は、独りで生きていくのは寂しいと言う様な内容なんだけれど、これ見るとなぜか、元気がでる!!!

ミュンヘンで行われた、フレディ39歳のバースデイパーティの会場で撮影されたPV。300人が招待された、白と黒のパーティ。友人達は、悩殺的に着飾って来る様にと、依頼されていたそうです。

フレディは、白と黒のダイヤ柄のタイツにミニタリー・ジャケット姿!

本当に、何を着てもカッコイイんだ・か・ら!!!

123

アメリカでは、このPVは放送禁止になりました。

PVの画像が、性的な乱れが見てとられると言う理由らしい。




「The Great Pretender」

1956年ザ・プラターズのカバー曲。

楽屋でのフレディの、女装シーンが見られるPV。ロジャーも、女装で参加。

何かすごく楽しそうにしているフレディが、すごーく、かわゆい!

この時、ヒゲを剃り落としました。

グレートプリテンダー(~のふりをするのがうまい人)は僕にとって、素晴らしいタイトルだと思う。僕はフレディ・マーキュリーという役を演じているんだ。

Vsingle_freddie_greatpretender_vorn 1220011557

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月 7日 (木)

こだわりの照明

今の家を建てた際、うちの場合は経費削減のため、照明器具の2/3は私がネットで探して安く手に入れたり、直接お店で気に入った物を購入して、その全てを自分達で新しい家まで運び込んだ。

ガラスが割れたらどうしようかと、ヒヤヒヤだった。


その中でもお気に入りの、いくつかの照明。

Dscf4685_2

Dscf4680 Dscf4636

キッチンアイランドの上の、ペンダント型の照明。

以前は、実家に帰った時に吉祥寺パルコ近くの、アンティーク家具なんかを売っているお店で見つけた物だったんだけれど、アンティークの物じゃなかった。

それはそれで可愛かったんだけれど、ネットで探していて「英国雑貨トゥーシェ」で、アンティークのシェードを見つけて、「これが欲しい!」と思い購入。

形がすごく、かわいいでしょ!



Dscf4617 Dscf4651

これは、玄関のブラケット型の照明。

アンティークじゃないけど、アンティーク風でなかなかいいでしょ。KICHLER社製。




Dscf4861 Dscf4646

リビングの照明。

メーカーはちょっと、忘れてしまった・・・。

リビングの照明が、一番最後まで悩んだのだけれど、悩んだ割には結構シンプルな物を選んでしまいました。


Dscf4830 Dscf4835

二階の、階段上がった踊り場の照明。

これは、私が探してきた物じゃなくて、ホームメーカーのインテリアデザイナーさんに提案して頂き、決めた物。

ちょっと変わっていて最初はいいなーなんて思っていたのだけれど、実際使ってみると、上のガラスの部分が開いているので、埃がガラスの中に溜まっていきます・・・。
電球も変わっているので、家の近所に売っていなかったので、取り寄せました。


照明以外にも、いろいろ自分で探して取り寄せて、ホームメーカーさんに頼んで付けて頂いた物などありますので、又ブログで紹介させて頂きたいと思います。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月 6日 (水)

アブソリュート・グレイテスト

11月に発売されたQUEENのアルバム『伝説のチャンピオン~アブソリュート・グレイテスト~』

300_2

1日のうち、車に乗っていいる時間が結構多い私は、今このアルバムよく聴いている。

もちろん、QUEENのアルバム、フレディのソロアルバム、カーオーディオに録音していっぱい入っているけれど、このアルバムは、運転中私の好きな曲続けて聴けるから、今お気に入り。


曲聴いていると、一曲一曲、PVやライブの映像が頭に浮かぶ・・・まったく、運転している時に自分だけの世界に浸っちゃって、気を付けないとあぶないじゃないか!!!

「ONE VISION」大~好き。聴いていて、何か元気出てくるしー!PVもカッチョイイよね~。




「A KIND OF MAGIC」も実は好きだし、「DON’T STOP ME NOW」なんか、ノリノリになっちゃって、スピードどんどん出ちゃって、今の私を止めないでくれ~状態になってしまう。(オイオイ、危ないじゃないか!!)



「I WANT TO BREAK FREE」は特別好きな曲って訳じゃないけど、PVが楽しくて好き。

女装のフレディが笑えるし・・・ヒゲの顔そのままだし・・・それにしても、足!綺麗過ぎるでしょ!!!そこら辺の女より、充分綺麗過ぎますから!!!

(追記:途中で見れるバレエのシーンは、なんとも素敵です。)




私の車に入っている曲も、QUEEN以外にもいろいろ入っている。

中には娘のリクエストで、EXILE,GREEEEN、嵐なんかも入っているんだけど、私の車の中なので、リクエストされても、私の気が向いた時にしか聞かせてあげない。

そういう点で私は、結構大人気無い所があるのだ(笑)。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月 5日 (火)

最愛の恋人ジム・ハットン氏

フレディ・マーキュリーの最後の恋人で、最愛のジム・ハットンさんが2010年1月1日亡くなったそうです。

私がちょこちょこおじゃましていて、ブログを始めるきっかけになった凛々さんのブログ『勇気凛々』に、昨日訪問して、この訃報を知った。

表向きはフレディ邸の庭師という事でしたが、フレディ最愛のハズバンド。

フレディが亡くなる最後の最後まで、傍にずっと付いていてくれた、最愛の恋人ジム・ハットンさん。


去年のフレディの命日からブログを始め、年末あたり、ジムさん元気にしているかな・・・なんて考えていて、フレディの生前から建築中だった、フレディとジムさんのアイルランドの僕たちの家で、今でも元気に過ごしているのかなーなんて、思っていた。

だから、この訃報を知って、びっくりし、そして悲しみに暮れた。


フレディに振り回されながらも、フレディが喜んでくれる事を、いつも一番に考えてくれて、フレディのためにいろいろしてくれた、ジムさん。

フレディのために、いつも庭の手入れをしてくれていた、ジムさん。そんな姿を、部屋の窓から眺めて幸せな気分になっていた、フレディ。

Pu_i_wp_pl_2

きっと天国で再会して、フレディはジムさんを抱きしめて、

「I still  love  you」

と言っているんじゃないかな・・・。


ジム・ハットン氏のご冥福を、心よりお祈り致します。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

2010年1月 2日 (土)

A HAPPY NEW YEAR

Freddie_mercury_biografia_04

明けましておめでとうございます!

      今年もよろしくお願い致します!


30日、31日、元旦と結構、飲みました!


30日は居酒屋にて、生ビール中1杯と芋焼酎お湯割り3杯、31日は一人で、シャンパン1本、芋焼酎ロック1杯とお湯割り1杯、元旦はビール1杯とワイン1/2ボトル、芋焼酎ロック1杯ですかね・・・。

そして今、2日の深夜このブログ書いてます。


基本的にはシャンパン、ワイン大好きなんですが、毎日夕食の時にアルコールを飲む私にとって、ちょっとマネーの方が追いつかないので、普段は、芋焼酎ですかね。今は『邑』という芋焼酎がお気に入り。

気が向いた時に、ワインやシャンパンを飲む感じです。

近くの酒屋に行った時、フレディ・マーキュリーがよく飲んでいたと言う、ウォッカ『ストリチナヤ』の前で飲んでみようか、どうしようかと、いつも悩む。

150pxstolibottle_2 

そして、結局やめる・・・もし、飲んでみて私の口に合ってしまったら・・・と想像して、手が出せない。

だって、日本人で毎日ウォッカを飲んでいる女ってちょっとね・・・。


以前ブログでも書いた、フレディの好きだったシャンパン『ルイ・ロデレール・クリスタル』は、お正月という飲むのにとても素晴らしい機会だったのですが、又しても踏ん切りがつかず、飲みませんでしたー。

誕生日に、ドン・ペリの白とピンクは以前飲んだ事あるけど、その日いたみんなと分けたら一杯ずつだったので、おいしかった!としか記憶が無い。


日本人には、アルコール分解酵素が少ない人が多いらしいが、私は多分、多いんじゃないかなーっと思う。

でも私だって、その日の体調によっては、ビール一杯でもう結構という日も極まれにあるし、飲まない時もある(二日酔いの時とかね)(笑)。


川島 なお美の名台詞、「私の体はワインで出来ているの」・・・いいなー私も言ってみたいなー、普段芋焼酎を飲んでる私には、

「私の体は芋焼酎で出来ているの」

としか言えない!!!


お酒のカロリーはそのお酒のアルコール度数に比例するそうです。以前、カロリーが気になり調べた事あるんです・・・。


そのうち「私の体はシャンパンで出来ているの」と言って見たい!(笑)

Freddiemercuryfreddie_2


こんな私ですが、今年もよろしくネ!!














●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ