« 楽しいフレディ | トップページ | フレディのレオタード »

2009年12月 7日 (月)

ルイ・ロデレール・クリスタル

あーーー!ルイ・ロデレール・クリスタルが飲んでみたいーーー!!!

ルイ・ロデレール・クリスタルは、フレディがお気に入りで飲んでいたシャンパン。

フレディのソロ・プロジェクトとしてのアルバム『バルセロナ』を一緒に作った、有名なオペラ歌手モンセラート・カバリエにフレディがこのルイ・ロデレール・クリスタルをあげたところ、彼女がとても気に入ったと言う事で、彼女の誕生日にフレディが1ダースプレゼントしたと言う。

Photo_4 6d61180170a4112b7223bddfd72c89c1__2  


フレディは人にプレゼントするのが大好きで、プレゼントをもらった相手が喜んでくれる事がとても嬉しかったらしい。

私にルイ・ロデレール・クリスタルをプレゼントしてくれる様な人は、周りを見渡してもいそうもないので(あたりまえ!)、自分で買うしかない!


ルイ・ロデレール・クリスタルは、フランスのルイ・ロデレール社が製造するシャンパン。

Anniversaire_cha025

ルイ・ロデレール社では、約190ヘクタールもの自社畑を所有し、葡萄の必要量の約70%をまかなっていて、他のシャンパーニュ・ハウスには例を見ないと言う。

そして1819年以来、一族による家族経営を守り通す、希少なシャンパンメゾン。

ルイ・ロデレール・クリスタルは1876年、ロシア皇帝アレクサンドル2世の要求に応えて造られたものらしい。

アレクサンドル2世はお気に入りである、ロデレールのシャンパンボトルを並べた時に、どれであるかを区別をつけるために底が厚く、クリスタルで造られたボトルを注文した。

クリスタルボトル採用の理由としては、当時国際情勢が思わしくなく、暗殺が国内外で多発しており、その手段にワインの澱に見せかけた毒を、ワインに入れるという物があったため、その対策として、透明であるクリスタルボトルを採用させたと言う説もあるらしい。

普通のボトルには、澱が舞い上がらない様に、底に窪みがあるが、クリスタルのボトルには窪みがない(つまり底が平)。

これはクリスタル製という強度に優れたボトルだからこそできた事で、底の窪みに爆弾などの危険物を仕掛けられない様にするために、平にする様要請されたからと言う説もある。

売り出されているルイ・ロデレール・クリスタルには特徴的なイエローセロファンが巻かれていて、これは、透明のボトルを紫外線から守るためであり、商標登録されている。

Photo_5
ここまで調べた段階で、余計に興味がそそられる!

さらにこのシャンパンについて調べてみると、

・黄金色のクリーミーな細かい泡が、繊細で長く細く立ち上る

・まずはグレープフルーツなどの柑橘系を感じ、いろいろな花の香り、甘いりんごな どの果物が複雑に絡み合う。ほんのりと蜂蜜、ナッツ、パンをトーストしたニュアンスが混じる

・ふくよかな舌触り、滑らかなシルクの喉越し

               ・長い余韻、とても上品

という事だ。あーーーますます飲んでみたい!

そしてこのルイ・ロデレール・クリスタルにはロゼもあり、さらにお値段が高かった!!

Photo_6 ネットで値段を調べたところ(2002年もの)、値段の幅があり、私が調べた中では¥25000ぐらいの物が多かったけれど、¥22800っていうのも結構あり、一番お安いのだと、¥19900(税込み)っていうのを楽天市場で見つけた。

一番お安いといっても、するなーー!!






そして家の近くにあるワインショップにもしあったら、お姿だけでも拝みに行こうかなーなんてルンルン気分で旦那と出かけた。

うーん、やっぱりない・・・メジャーどこの、モエ・エ・シャドン社のドン・ペリニヨンはあるがー・・・。

聞いてみたいが、今日は買うつもりはないし、心の準備ができてないので、小心者の私は聞けない。

・・・そんな時、私は旦那を使う・・・彼は私と全く違うタイプの人なので、全く気にしないで聞ける。(驚くくらいポジティブ・シンキングの持ち主で、そして緊張しない)そして、そのために、ここに一緒に来たのだ!

聞いてもらうと、やはり注文らしい。

・・・が、そのワインアドバイザーは「先週も購入されたお客様がいましたよ。来週も2本入る予定で、1本は御予約が入っていますが・・・その後のご注文ですと、確保できるかどうかわかるまでに、4~7日かかりますが、どうなされますか。お値段は¥25000で、酸味があってとても濃厚で、上品なシャンパンです。」

「・・・っと今日は又考えてきます・・・。」と私がすかさず言った。

私がそこで言わないと、旦那が注文しそうな勢いだったからだ!

さらにワインアドバイザーのお兄さんの話は続き、「今、うちのお店で御勧めなのが、『サロン1997』で定価¥38000を¥29800でご提供していて、結構人気なんです!いかがですか。」

「いいえ。それはいいです。」とお断りした。

・・・私は心の中で、(それを買うなら、クリスタル買うよ!)と思っていた。


帰りの車の中で旦那が、「注文すれば良かったのに。」と言った。

あーやっぱり、注文する気だったんだ・・・。

「だって、今日は買う気なかったし、この間TVとブルーレイデッキ買ったばっかりだしさー。」

うちの経済状態は火の車なのだ!

「ゴルフ1回行ったと思えばいいじゃん。」・・・その言葉に妙に納得してしまった。

彼はゴルフをするが、私はしない・・・だからいいかなー。

あーだからうちは、いつまでたってもキリギリス生活なのだ!!!


家に着き・・・しみじみ家にあるワインセラーを眺めた。

今はワインもシャンパンも入っていない。その日に飲むのを買ってきて、その日のうちに飲んでしまうからだ。


そして今、ワインセラーに入っている物といえば・・・涼しさを確保できるという事で、ジャガイモや玉葱、そして家の愛犬ショコラちゃんのおやつが、ガラスの扉から見えている!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

     

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

« 楽しいフレディ | トップページ | フレディのレオタード »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ