« 愛しきDELILAH | トップページ | マダム・フィガロ »

2009年11月30日 (月)

永遠のジョルジュ・ドン

11月30日は私の好きなダンサー、ジョルジュ・ドンの命日。

1947年アルゼンチンのブエノスアイレス生まれ。16歳で単身ベルギーに渡り、モーリス・ベジャール主宰の20世紀バレエ団に入団。

1981年クロード・ルルーシュ監督の「愛と哀しみのボレロ」に出演して、バレエファン以外にも名を知られるようになり、一躍有名になった。

ジョルジュ・ドンの踊る「ボレロ」を一度観たら、決して忘れられない。

1988年には自身が主宰するヨーロッパバレエ団を旗揚げするが、1992年11月30日エイズにより死去。

フレディ・マーキュリーが亡くなって約1年後に、同じ病気エイズによって亡くなってしまった。

今では生で観る事が出来ない、幻のダンサー。

私がジョルジュ・ドンというダンサーを知ったのも、やはり「愛と哀しみのボレロ」だった。

彼の「ボレロ」は、指先からつま先まで生命力溢れる力強さを感じ、官能的で神秘的だ。

「海賊」のソロ。  やっぱり体にバネがあり、躍動感あふれてる!ジャンプ力もあるし・・・腕が長いなー。

Redribbon11

12月1日は世界エイズデーです。

レッドリボンはあなたが、エイズに関して偏見を持たない。エイズと共に生きる人々を差別しないというメッセージです。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

ブログランキングに登録しています。ポチッとクリック応援よろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

« 愛しきDELILAH | トップページ | マダム・フィガロ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーについて

  • 只今、カテゴリー見直し中です。過去記事を読んでくださる場合、今のところ、月別で読んでいただけると一番読みやすいと思います。

最近のコメント

無料ブログはココログ